不動産鑑定士が誕生したいきさつ

土地などの適正な価格形成の資するため生まれた

昭和30年代からの池田内閣による所得倍増計画で右上がりの経済成長をたどった当時の日本ですが、これにともなって土地の価格(地価)が高騰してしまいました。

そのときぶち当たった壁が、この土地の価格は適正なのだろうか?という疑問です。

というのは、土地の価格というのは売主と買主との間で相対で決まり、定価や株式市場のような指標もない不動産は、なにをもって適正か適正でないか判断できないからです。

そこで1963年(昭和38年)に、土地などの不動産の適正な価格の形成に資することを目的として、「不動産の鑑定評価に関する法律」が公布され、不動産の鑑定評価制度と不動産鑑定士の資格が誕生しました。

さらにその後の1969年(昭和44年)に、土地取引の際に参考となるような地価を公示すべく地価公示法が施行され、不動産鑑定士がこの地価公示の評価を担い、本格的に不動産鑑定士の役割が定着しはじめたといえるのです。

誕生当時から見るとどんどん高度になっている

不動産鑑定士はおもに地価の適正な価格形成に資するために誕生した資格ですが、時代の変化とともにその役割はどんどん広く、その内容も難しくなっています。

とくに、バブル崩壊前までの日本が高度経済成長をしていた時代は、土地は持っているだけで価値が上がるものだったので、使う・使わないに関係がない前提で鑑定評価もなされていました。

極端なことをいえば、使わなくても価値が上がるから持っていようとする人がたくさんいて、鑑定評価もそれにしたがっておこなわれていたようなところがあります。

それが、バブルが崩壊してからは地価は下がる一方で、土地は使わなければ価値がないといった土地に関する価値観の大きな転換がありました。

これによって、鑑定評価に新たな手法が導入されたり、そもそもの前提の見方が変わったりといった大きな変化があったのです。

さらに企業を取り巻く環境の変化や不動産の使い方にも影響が強い生活様式の大きな変化などもあり、変化しながらもその範囲を広げているため、不動産鑑定士の仕事内容がどんどん高度になっているのです。