不動産鑑定士が持っている知識

不動産のプロフェッショナル

不動産に関する資格の代表格は宅地建物取引主任者ですが、それをはるかに上回る難関資格に位置するのが不動産鑑定士です。これは試験の難易度もさることながら、知識量についても同様のことがいえます。

というのは、宅地建物取引主任者の資格試験に出る出題範囲のほとんどは、不動産鑑定士の行政法規(短答式)と民法(論文式)の一部にすぎないためです。

不動産鑑定士の資格所有者は、なんなく宅建の試験に合格することができます。

不動産鑑定士は不動産に関してもっとも知識がある真のプロフェッショナルといえるでしょう。

相談やアドバイスをお仕事にすることも

このように圧倒的な知識量をもつ不動産鑑定士ですので、相談やアドバイスといった不動産に関するコンサルティングをおこなうこともできます。

とくに不動産鑑定士がおこなう不動産の鑑定評価は、その不動産がもつ経済的な価値を最大限に発揮する使用方法を前提とした価額を出すことが求められます。

必然的に不動産をもっとも有効に活用できる方法を提案することになりますので、鑑定評価の依頼を受けつつ、コンサルティング的な提案もしていきます。

そのため、そのままコンサルタントとして依頼されることも少なくないようです。

知識をいかして最善の提案をおこなうわけですから、もしかしたらこれこそが不動産鑑定士の可能性を最大限にいかすことができる仕事なのかもしれません。

他の士業との連携がカギ

不動産には評価や使い方以外にも、権利関係や登記、税務関係や会計処理といったものがつきまといます。不動産鑑定士もこれらの知識をある程度は持ち合わせていますが、やはり餅は餅屋といったところでしょう。

これらの真のプロフェッショナルである司法書士や税理士、公認会計士や弁護士などと連携しなければならない場面がどうしても出てきます。

そのため、他の士業と連携できる不動産鑑定士は、相互に発展して伸びていくことができるといえます。