不動産会社社員の仕事、業務内容

「不動産」に関連するさまざまなビジネスを展開

不動産会社とは、おもに土地や、アパート・マンション・一戸建てなどの各種住宅あるいはオフィスビルや商業施設といった建物など、さまざまな「不動産」の売買、賃貸、管理、あるいはそれらの仲介などを行う会社のことをいいます。

不動産業界には非常に多くの数の会社が存在しており、上記で挙げた複数の領域の事業を総合的に展開する大きな会社もあれば、売買のみ、仲介のみ、といった形でビジネスを展開している会社もあります。

なお、不動産業界に関連する法律として「宅地建物取引業」というものがありますが、宅地建築取引業は、不動産業のなかでも「売買」や「仲介」といった取引を取り扱う業種のみが含まれます。

宅地建物取引主任者の仕事

不動産会社の種類とおもな仕事

不動産会社が手掛ける事業の領域は、おもに以下のようになっています。

仲介

不動産の売買や賃貸の際に、買主と売主もしくは貸主と借主の間に立って売買契約や賃貸契約を成立させます。

管理

オフィスビルや賃貸用アパート・マンションを持つオーナーになり代わり、入居者の募集、審査、契約やクレーム処理、家賃滞納者への督促といった管理を行います。

販売

土地分譲やマンション、建売住宅などを販売します。

デベロッパー

自社で大規模な住宅開発、都市再開発、リゾート開発、分譲などを行います。

投資用不動産販売

都心のワンルームマンションなど、価値ある不動産を人に貸すことで家賃収入を得たいと考える人向けの投資用不動産を販売します。

コンサルティング

不動産活用に関する相談やアドバイスを行います。

マンション買取

中古マンションを買い取り、リフォームして再販します。

不動産会社で働く人びと

一般的に不動産会社というと、街を歩いていてよく見かけるアパート・マンションの仲介を行う店舗での仕事をイメージする人が多いかもしれません。

そこでは、「家を借りたい!」という思いで来店されたお客さまに対し、相手のニーズに合う物件を紹介することがおもな仕事となります。

しかし、上記に挙げたように、ひとくちに不動産業界といっても事業領域は幅広く、会社ごとに具体的な仕事内容は変わってきます。

たとえばデベロッパーであれば、新たに建物を建てるための土地を探して地権者と交渉を行う仕事もありますし、管理会社では不動産の所有者(オーナー)と日ごろからやりとりを行って、オーナーの代わりに物件管理を行ったりするような仕事もあります。

また、内勤としてホームページの物件情報を更新したり、契約書を作成したりといった地道さが要求される仕事もあります。