不動産会社社員への転職、中途採用

中途採用は活発

不動産会社は人の入れ替わりが激しい業界とされており、新卒採用だけではなく、中途採用も活発に行われています。

とくに不動産業界で働く人の多くを占める「営業職」については、中途採用によって別の業界からこの業界に入る人も目立ちます。

不動産会社の手がけるビジネスではたくさんの人材が必要とされることから、年間を通じて人を募集している企業も多く、転職はしやすい部類にあるといえるでしょう。

なかでも、賃貸仲介の仕事は、未経験からスタートしやすいことも特徴のひとつです。熱意さえあれば、特別な経験やスキルは求めないという会社もあります。

そうしたところでは学歴もさほど重視しない傾向にあるため、どのような人でも不動産会社で働くことは可能です。

未経験からスタートする場合、賃貸仲介で経験を積み、売買仲介へステップアップする流れが一般的となっているようです。

なお、営業職以外の事務職や企画職などについては、会社にもよりますが、さほど中途採用の募集人数が多くないこともあるため注意が必要です。

有利になるスキルや資格は?

不動産会社に転職するうえで、プラスに評価される可能性が高い資格が「宅地建物取引士」です。

宅地建物取引主任者の仕事

この資格は不動産会社に入ってから取得する人も多くいますが、事前に持っておけばアピール材料になるでしょう。また、有資格者であると資格手当が付くこともあります。

スキルという面については、不動産業界ではなくても営業経験があり、基礎的なビジネススキルや営業スキルを備えている人は歓迎されやすいです。

また、担当業務によってはお客さまを車で物件まで案内することから、「普通自動車運転免許」を持っていることを必須としている会社もあります。

どんな人が転職しているの?

不動産会社へ転職する人の多くは、「もっとお金を稼ぎたい」という思いを抱えているようです。

たしかに不動産営業の給料はインセンティブの要素が大きく、個人で成果を出せば出すほど収入が上がりやすくなっており、同じ年齢でも他の業界で働くよりずっと大きな収入を得ることも可能です。

ただし、いざ仕事をスタートすると「思ったよりも仕事がハードだった」という理由で、ほんの短期間で不動産会社を離れてしまう人も少なくありません。

転職する際には、仕事の厳しさまでよく理解したうえで決断することをオススメします。