不動産会社社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

不動産会社社員の勤務時間は、オフィスで働く場合9:00~18:00くらいの間で設定されていることが多く、実働7時間30分~8時間程度となっています。

店舗勤務をする場合には店舗の営業時間に準ずることになりますが、オフィスに比べるともう少し朝が遅く、10時頃に開店するところが多いようです。

閉店時間は18時頃が一般的ですが、都心部では仕事帰りの人が立ち寄れるよう、夜遅くまで営業している店舗もあります。

いずれにしても、不動産会社の仕事では夜勤をすることは普通ありません。朝から夕方、あるいは夜さほど遅くない時間帯までの勤務時間となっています。

ただし、高額な投資用不動産の営業などではお客さまの都合に合わせて商談に出向く機会が多く、お客さまの都合によっては早朝や深夜に仕事をすることもあります。

休日

不動産業界では、古くからの慣習で「水曜日」を休みとする企業が多くなっています。

ただし勤務先によっても異なり、たとえば賃貸仲介以外にも多様な不動産ビジネスを手掛けている大手企業に勤め、本社でオフィスワークをする場合には、一般的な会社員と同様に「土・日曜日」が休みの週休2日制となっていることもよくあります。

一方、いわゆる「不動産屋さん」の店舗で営業職や事務職として勤務する場合には、店舗が休業日である水曜日に休みをとることが多くなるでしょう。

スタッフが多くいる職場では、このほか交代でもう1日休みを取れることもありますが、週末や祭日には来店するお客さまが多くなるため、スタッフの休みは基本的に平日となります。

また、家探しを探す人が多い繁忙期には休業日を設けずに営業し、その分の休みを閑散期に取得するといった形をとっている会社もあるようです。

残業の実態は企業ごとに異なる

不動産会社に分類できる企業の数は非常に多いため、職場によって残業時間についてもずいぶんと違いがあります。

「ワーク・ライフ・バランス」の重要性が訴えかけられている現代では、世の中全体の流れとしても残業時間を削減する傾向が強くなっていますが、もともと不動産業界は体育会系のノリが強いといわれることが多く、古い体質の組織の場合、その名残が感じられるところもあります。

もちろん、無理な残業はなくプライベートを大事にながら働ける職場もあります。

就職先を探す際には、勤務時間や残業の状況についてもできるだけ確認しておくとよいでしょう。