女性の不動産会社社員社員

男性が多い業界

不動産業界は、古くから男性中心というイメージが根付いており、実際にまだまだ男性のほうがずっと多いのが現実です。

そこでの女性社員といえば、内勤で事務や営業アシスタントをする人がほとんどであり、さほど女性の活躍が目立つわけではありませんでした。

しかし、最近は売買仲介や賃貸仲介をはじめとする「営業職」に就く女性が増え始めており、企業によっては女性をかなり積極的に採用しているところも出てきています。

もちろん、仕事内容に関しては男女で区別されることはありませんし、女性でもキャリアアップしていくことができます。

また、お客さまは男性だけでなく女性も大勢いますから、女性が対応することで安心してくださる機会も多くあります。

女性にとって働きやすい仕事?

では、不動産会社において、女性にとっての働きやすさはどうなのでしょうか。

そもそも不動産業界が男性中心といわれる理由の一つとしては、もともと体育会系気質の会社が多かったことがあるようです。

とくに仲介営業職は日々数字を追わなくてはならず、スパルタ的な厳しさが根付いている職場が存在することも事実です。

どの業界でも営業の仕事は数字を意識しなくてはなりませんが、不動産業界ではそうした傾向がやや強めになっているといえそうです。

また、投資用物件やマンションといった高額な不動産を扱う場合には一度の取引で巨額のお金が動くことから、ピリピリとした独特の雰囲気があるという声も聞かれます。

もちろん、そのなかでも活躍している女性も大勢いますから、女性にとっては厳しい仕事だと一概にいうことはできません。

ひとくちに不動産会社といっても、社風は会社ごとにまったく異なります。

待遇面含め、「女性にとっての働きやすさ」を重視した組織づくりをしている企業も増えてきているため、会社選びは慎重に行うことが大事だといえるでしょう。

国家資格を取ってプラスの評価を得る

不動産関連の資格のうち最も有名なものの一つが、「宅地建物取引士」です。

この資格を持っていると、不動産会社によっては基本給とは別で資格手当が付いたり、転職する際に優遇されたりすることがあります。

一度資格を取得すれば一生有効となる国家資格であることからも(ただし交付された宅建士証については、有効期間が5年となります))、この資格を持っておくことで損はないでしょう。

家庭の都合などで一度は不動産会社から離れる場合でも、再就職の際の強みとしてアピールすることができます。