デベロッパーとは

大規模な建物の企画・開発を行う

不動産業界について調べていくと、必ずや「デベロッパー」という言葉に遭遇することになるでしょう。

デベロッパーとは、日本語では「開発業者」といわれ、住宅のみならず、商業施設やオフィスビル、ホテルといった大規模な建物の企画・開発を行う会社のことをいいます。

デベロッパーに分類される企業のなかで、とくに多様な事業を展開する大きな企業は「総合デベロッパー」と呼ばれることもあります。

総合デベロッパーは、オフィスビル、商業施設、マンション、ホテルといったさまざまな種類の物件を扱うことに加え、それらを中心とした「街づくり」にまで携わることが特徴です。

たとえば商業施設を建てることになれば、どうすれば多くのお客さまを呼び込むことができるのか、お客さまが楽しく過ごすにはどうすればいいのかといったことまでを考えます。

不動産商品を幅広く扱うと同時に、ときには橋や道路、あるいは公園など憩いの場を創出し、複合的に空間を提供していくのが総合デベロッパーの役割です。

デベロッパーの仕事

デベロッパーの仕事内容は、用地取得からはじまり、企画や設計、建築、販売など多岐にわたります。

採算性の高い事業用地を確保するために、業界の動向や市場調査を重ねていくことはデベロッパーにとって非常に重要な業務となります。

そして、収益が見込める用地を見つければ、競合他社に先駆けて売主と迅速に売買交渉を進めていきます。

建築そのものはゼネコンといわれる建築会社に依頼することが多いですが、大手デベロッパーでは建物の設計については社内で行うことがほとんどです。

いざ工事がスタートする頃になってからは、プロモーションを実施していきます。ターゲット層を絞り込み、メディア戦略なども検討しながら営業活動や効果的な広告を打ち出します。

デベロッパーは規模の大きな組織が多いため、社内では各部門のプロフェッショナルたちが協力して仕事を進めています。