フードコーディネーターのやりがい

自分のアイデアや仕事を認めてもらえたとき

食そのものや食ビジネスに精通しているフードコーディネーターは、さまざまな仕事の現場でも「プロとしての意見」を求められることが多くなります。

たとえば企画に応じたオリジナルメニューを考案したり、料理の見せ方を工夫したり、飲食店へお客さまを呼び込むための方法を提案するなど、ビジネスを成功させるための重要な役割を担います。

仕事を成功させるためには、自らの感性を生かし、頭を使って、考えを上手にアピールする必要があります。

プロとして「結果を出さなければ」というプレッシャーはありますが、その分クライアントから評価してもらったり、自分のセンスを褒めてもらえたときはとてもうれしいもの。

自分の提案や仕事を評価してもらえることが一番のやりがいであり、フードコーディネーターとしてまた少し成長できたと思える瞬間です。

たくさんの出会いがあり、変化の多い仕事

独立して働く人が多いフードコーディネーターは、毎日さまざまな仕事をこなしています。人によって働き方は異なるものの、顔を売り、人脈を作り、新しい仕事にチャレンジしていきます。

また、たとえ同じ撮影の仕事であっても、媒体や季節などによって企画も違えば求められるメニューも異なります。

全体的にルーティンワークが少ないため、毎日に刺激を求めたい人やこれまでと違うことにどんどん挑戦したい人にとっては、非常にやりがいを感じられるでしょう。

逆に、言われたことだけこなしたいという人には、あまり向いていない仕事です。

また、食に関わる仕事を通じて世の中に貢献することはもちろん、多くの人と出会えることもフードコーディネーターの喜びです。

大好きな食に関わりながら、さまざまな人と人間関係を構築し、自分の人生そのものを豊かにしていくことができます。

人を幸せにできる仕事

ただ食事をするだけなら誰にでもできますが、フードコーディネーターが活躍することによって、よりみんなが食事を楽しめたり、おいしく味わえるようになります。

現代社会はストレスや孤独を感じている人が多く、おいしい食事を通して心を落ち着けたり、リラックスできるような食空間を演出することは、毎日を楽しくするために不可欠なものとなっています。

食のプロであるフードコーディネーターは、食を通してたくさんの人を喜ばせたり、幸せな気持ちにすることができます。

もちろん、活躍できるかどうかは自分の努力次第ですが、「食で人を喜ばせたい!」という強い気持ちを持っている人にとっては、とてもがんばりがいのある仕事といえるでしょう。