フードコーディネーターの仕事内容

「食」のスペシャリスト

フードコーディネーターは「食」をキーワードに、食の楽しみ方や良い食環境を提案するスペシャリストです。

仕事の領域は実に幅広く、企業のレシピ作成や料理番組・雑誌の料理コーナーへの出演、料理教室の講師、あるいは食品関連企業のアドバイザーなど多方面で活躍しています。

フードコーディネーターは特定の資格が必ずしも求められる職業ではありませんし、業務内容が法律などで明確に定義されているわけでもありません。

多くのフードコーディネーターは、自分の得意分野や強みを生かしながら、さまざまな分野で活躍しているのです。

そのため、仕事内容は人によってまちまちですが、ここではフードコーディネーターの代表的な仕事内容を紹介していきましょう。

TVや雑誌などメディアでの仕事

TVの料理番組を見ていると、よくアナウンサーやタレントにレシピ手順を伝えながら料理を作る人が出演しています。この人たちの多くは、いわゆるフードコーディネーターです。

また、雑誌の料理コーナーに掲載するレシピを考える仕事も行います。

出版社やディレクターなどから仕事の依頼を受けたのち、コンセプトに合ったレシピを考えて提案し、撮影当日のコーディネートや調理にまで携わっています。

裏方として企画やスタイリング、監修等のみを行うこともありますが、自らがメディアに出演し、直接自らの言葉で食の楽しみ方を伝える機会も得ることができます。

食品メーカー・飲食店などの商品企画やメニュー開発

食品メーカーで活躍する人や、飲食店のメニュー作りや店舗プロデュースに携わる人もいます。

食品メーカーが商品開発を行う場合、その前後にはさまざまな業務が発生します。

たとえば世の中で何が求められているのか? 何が売れているのか? といったマーケティングや市場調査にはじまり、営業企画や販売促進の企画・立案、さらには宣伝方法の検討も必要です。

食に関する幅広い知識を備えたフードコーディネーターはこれら全般的な業務に携わり、ビジネスとして利益を生み出していける方法を提案します。

また、レストランでも多くのフードコーディネーターが活躍しています。「素材を生かしたメニューを作りたい」といったニーズに応えることもあれば、店舗マネジメント業務にまで関わることもあります。

アドバイザー業務

ある程度の実績がある人には、企業のアドバイザーとしての仕事もあります。商品開発などの食に関わる部分から、経営コンサルティングのような業務に携わる人もいます。

また、食に関する講演会のスピーカーとなり、全国各地を回ることもあります。

料理教室主催や講師

料理を作るのが好きな人は、料理教室の講師になるケースも多いです。

定番料理の作り方から始まり、料理の組み合わせ教室、調理用具の効率的な使用方法、シーンに合わせたテーブルコーディネートの方法…など、個性的な教室を開催している人もいます。

ここに挙げたもの以上に、食に関する仕事であればほぼ網羅できるのがフードコーディネーターです。

活躍の場が限定されない代わりに、他のフードコーディネーターとは異なる「自分ならでは」の価値を提供することや、顧客のさまざまな要望に応えられるだけの知識と技術が求められます。