フードコーディネーターの転職

何歳までフードコーディネーターを目指せる?

フードコーディネーターは一般的に、年齢で仕事内容が制限される職業ではありません。

企業に就職する場合は年齢制限されることもありますし、定年によって仕事ができなくなることもあります。

しかし、「フードコーディネーター認定資格」は何歳であっても受験し、取得することが可能ですし、フリーランスで活動するのであれば定年のような概念もないため、自分で望む限り働き続けることができます。

いくつになってからでも、転職をして自分らしく働くことは可能だといえます。

ただし、独立して働くフードコーディネーターは華やかなイメージとは裏腹に、いくつもの仕事を忙しく掛け持ちしたり、裏ではかなり地味な作業もこなしています。

撮影の仕事になれば拘束時間が長いですし、不規則な生活になることもあるため、長く働き続けるには健康な身体を持ち、体力はあるに越したことはありません。

異業種や未経験からの転職は可能?

フードコーディネーターという職業は未経験であっても、何かしらの形で「食ビジネス」に関わったことがある人であれば、比較的スムーズにこの仕事を始められるでしょう。

「食の現場」を知っていることは、フードコーディネーターにとっての強みとなります。

そのほか、マーケティングや企画宣伝、マネジメントなどの業務経験も、おおいに生かすことができるはずです。

さまざまな現場で多くの人と触れ合う仕事だからこそ、接客スキルや良い対人関係をつくる力も役に立ちますし、人生経験や社会経験を生かしやすいといえます。

経験者が求められがちな世界ではありますが、師匠を見つけてその人の下でアシスタント経験を積みながら一人前を目指すなど、活動の仕方によっては未経験からでもフードコーディネーターになることはできます。

転職を成功させるために

とはいえ、いくら「フードコーディネーターになりたい」と強く思ったとしても、すぐにたくさんの仕事を抱えられるほど活躍できるとは限りません。

まずはプロのアシスタントになって経験を積んだり、フードコーディネーターのスクールに通うなどして、スキルを身につけたり業界の人脈を築くといったように、積極的に行動することが必要になるでしょう。

また、仕事をするうえで資格取得は必須ではありませんが、未経験者の場合は「フードコーディネーター資格認定試験」の「2級以上」を取得しておくほうが有利になることが多いようです。

熱意に加えて体力があり、地道な下積み期間も乗り越える覚悟さえあれば、何歳になってからでもフードコーディネーターを目指すことができます。