フードコーディネーターになるには

テレビや雑誌など、さまざまなメディアでも目にすることが増えたフードコーディネーターは、人々の食に対する関心の高まりとともに、いま注目度が増している職業の一つでもあります。

そのようなフードコーディネーターになるための道はいくつもありますが、ここでは代表的なルートを紹介します。

専門学校、短大・大学に通う

フードコーディネーターは、「絶対に○○の資格が必要」という職業ではありません。独学で食の知識を深め、食関連の仕事に就いて、そのままフードコーディネーターとして独立することも可能です。

しかしながら、仕事としてやっていくのであれば、やはり食や栄養に関する専門知識や調理技術、食ビジネス等について相応の知識やスキルが必要とされます。

そこで、まず調理の専門学校に通うという方法が挙げられます。調理の専門学校では調理技術のみならず、衛生や栄養、食品に関する広い知識について時間をかけて学びます。

専門学校に通えば、将来フードコーディネーターとして活躍するうえでの基礎となることが身につくでしょう。調理師や栄養士の資格も、フードコーディネーターの仕事に役立たせることが可能です。

そのほか、栄養学を専攻できる短大や大学に通うということも考えられます。学校によってはフードコーディネーターとしての独立を支援してくれるだけでなく、食品関係の企業などへの就職サポート体制も整っています。

フードコーディネーター資格を取得する

現在、フードコーディネーターの資格としては「特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会」が主催する「フードコーディネーター資格認定試験」が存在します。

こちらは国家資格ではありませんが、日本で最初の唯一のフードコーディネーター資格として認知度が高まっており、最も上位となる1級を取得すれば、フード業界でプロとして活躍できるレベルに達していることを証明できます。

この資格は専門学校等に通いながら目指すこともできますし、通信講座を利用して自分で勉強を進める人もいます。また、食品系の企業に勤めながら資格取得を目指して勉強する人もいます。

フードコーディネーターには年齢制限が存在しないため、どのタイミングでなることを目指しても問題ありませんが、先に資格をとっておけば自らの知識が深まるばかりでなく、独立した際などに顧客からの信頼が高まって、活動の幅が広がることも考えられます。

現在活躍しているフードコーディネーターのアシスタントになる

フードコーディネーターは独立して個人事務所を立ち上げたり、フリーランスで活動する人も多くいます。

そのような自らの名前を武器に、第一線で活躍しているフードコーディネーターのアシスタントとして業界に足を踏み入れる方法があります。

最初は、現場でも下働きのような仕事が多いのが普通ですが、さまざまな仕事現場を経験できたり、フードコーディネーターの働き方を肌身で実感しながらスキルを身につけられるのは大きなメリットです。

長く従事していれば、師匠から大切な仕事を振られたり、独立する際のサポートをしてくれることもあるかもしれません。

フードコーディネーターはなるための絶対的なルートがない分、自分で道を切り開いていく必要があります。ですが、自分の工夫や考え方次第で、あらゆる可能性に挑戦できる仕事ともいえます。