フラワーコーディネーターの給料・年収・収入

景気の影響を受けやすい業界

フラワーコーディネーターの就職先は、個人が経営する花屋や園芸ショップになることが多いため、給料に関してはそれぞれの店舗の経営状態によって大きく異なります。

しかし、いずれにしても「花」というのは生活必需品ではないため、どうしても世間の景気の影響を受けやすいという特徴があります。

人々の生活や企業の経営に余裕があるときは花の売り上げも好調になる一方で、生活費や経費を削りたいときに真っ先に節約の対象にされてしまいがちなのです。

このため、フラワーコーディネーターの給料は、どちらかというと不安定になる傾向にあります。

雇用スタイルごとの給料は

正社員のフラワーコーディネーターとして雇われる場合、月給は15万円〜25万円ほどで、ボーナスがないことも珍しくありません。

ただし、ブライダル関係の仕事の場合は土日や祝日の出勤が多くなるので、休日出勤の手当がつくこともあります。

契約社員やパート・アルバイトとして働く場合は時給制なので、さらに給料が低くなる傾向にあります。

都内の花屋でフラワーコーディネーターのアルバイトをする場合、時給の平均は850円から1200円ほどになるのが一般的です。

同じアルバイトでも経験によっても差が開き、未経験者やアシスタント扱いの場合は最も低い額になることが多いようです。

一人前のフラワーコーディネーターになるまでは生活が楽ではないということは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

収入アップをめざすために

フラワーコーディネーターとして働きながら高い収入を手に入れるためには、独立開業して名前を売り、指名の仕事をたくさん取れるようになることが大切です。

優れたデザインセンスを発揮して「この人にしかできない」と思わせる作品ができるようになれば、自然と単価を上げていくことが可能になります。

また、有名ホテルや結婚式場、テレビ番組や雑誌の撮影での装飾などの大型の案件を受けることも、売り上げアップをめざすことにつながるでしょう。

さらに収入を増やしたい場合、フラワーコーディネーターを養成する民間の専門学校や講座などで講師をするというのもひとつの手です。

フラワーコーディネートは女性に人気の習い事のひとつなので、月謝をもらうことで比較的安定した副収入を得ることができます。

普段は自分のショップで働き、週に何時間か講師をしながら稼いでいるフラワーコーディネーターもいます。