フラワーコーディネーターの求人・就職募集の状況

正社員からアルバイトまでさまざま

フラワーコーディネーターとして働く場合、花屋や園芸ショップなどに雇われるのが一般的です。

雇用形態は「正社員」「契約社員」「パート」「アルバイト」とさまざまですが、どちらかというと正社員での求人は少なく、パートやアルバイトの求人が多い傾向にあります。

ひとつの理由として、フラワーコーディネーターの仕事は忙しい時期がある程度決まっているため、注文が多いときにだけパートやアルバイトを雇うほうが経営的には効率が良いのです。

たとえば、結婚式のためのブーケ作りや会場の装飾、母の日や父の日のギフトセットの準備や発送、クリスマスや歓送迎会シーズンの花束作りなどのイベントのときはたくさんの人手が必要になります。

普段は正社員だけで仕事を回し、こういった繁忙期にだけ臨時で人手を増やすというスタイルを取るのは効果的なので、パートやアルバイトの従業員が重宝されているという事情があります。

独立開業する道も

フラワーコーディネーターとしての活躍の場をもっと広げたい!という思いがある人は、独立開業するのも一つの手です。

開業にあたっては特別な資格が必要なわけではないので、植物を取り扱う知識やスキル、美しく花を組み合わせるセンス、顧客を掴むことができる人脈、経営のノウハウが身につけば、年齢が若くても独立することは可能です。

開業にあたっては、結婚式場やホテル、レストランなど、定期的に案件を発注してくれる企業が周りにあるかどうかが重要なポイントになります。

また、実績がなければ依頼をしてもらうのは難しいため、独立開業までに大型の案件をいくつかこなしておくことが望ましいでしょう。