フラワーコーディネーターの魅力

美しいものに触れる仕事

フラワーコーディネーターをめざす人は、「子どものころから花が大好き」「植物を扱う仕事がしたい」という思いが高じてこの職業にたどりつくことが多いようです。

花を愛でることが大好きな人にとって、フラワーコーディネーターはまさに天職ともいえる仕事でしょう。

花束やブーケを制作する際だけではなく、仕込みや花の手入れなどの作業の際も、まさに一日中花に触れることができます。

取り扱う花々の移り変わりで季節の訪れや行事を知ることができ、旬の花が放つ優しくて優雅な香りを全身に浴びながら仕事をすることができるのです。

そんな環境で働けることに心の底から幸せを感じられる人であれば、フラワーコーディネーターの仕事は何よりも魅力的な仕事となるでしょう。

花を美しく飾る職人をめざして

フラワーコーディネーターの仕事には、花に関する知識や色彩感覚、美的なセンスなど、さまざまな能力が必要とされています。

何かひとつを覚えたら終わりというわけではなく、新しい知識や技術を磨くためにはずっと努力を続けていくこととなります。

五年経っても十年経っても「自分はまだまだ半人前」と考えて、先輩の作品を見ながら猛勉強を続けているようなフラワーコーディネーターもたくさんいます。

フラワーコーディネーターを名乗ってこの世界でやっていくということは、他の人には簡単に真似できない専門的なスキルを身につけるということでもあり、花を美しく飾ることができる職人をめざすということなのです。

このことは、「専門的な仕事がしたい」「自分の職業に誇りを持って働きたい」「大きなやりがいのある職業に就きたい」という思いを持つ人にとって、まさに夢の実現ができる職業といえるでしょう。

フラワーコーディネーターの仕事には年齢制限や定年退職もありませんので、まさに一生をかけてプロフェッショナルの技を追求していくことができるのです。