フラワーコーディネーターの就職先、活躍の場

花屋や園芸ショップで活躍

フラワーコーディネーターの仕事は花を使ってギフトを作ったり空間の装飾をしたりすることです。

この仕事には多種多様で新鮮な花々が手に入ることや花を求めて訪れる人とのつながりが絶対条件であり、多くの場合は花屋や園芸ショップなどで働いています。

店員として接客や花の仕入れ、販売まで担当していることもあれば、フラワーコーディネートの仕事のみを担当して花束やギフトの制作を専門に行っていることもあります。

花屋の仕事

こうした店舗は、近隣の結婚式場やホテルの宴会場、レストランなどと連携していることが多く、イベントや式典での装花が必要になると依頼が入ります。

フラワーコーディネーターはこの依頼を受ける形で打ち合わせや現場の見学に行き、具体的な装花のプランを考えることになります。

デザイン会社でも活躍

花屋や園芸ショップ以外にも、結婚式場やホテルに直接就職したり、ディスプレイや空間のデザインを専門に手がけている会社に就職したりすることもあります。

フラワーコーディネーターと一口に言っても、その仕事の内容は実に幅広いので、

「結婚式のフラワーコーディネートだけを専門にやりたい!」
「フラワーギフトの商品をたくさん作れる花屋で働きたい!」

など、それぞれの希望する仕事に合った就職先を選ぶことが大切です。

雇用スタイルもさまざま

フラワーコーディネーターの就職先はさまざまですが、その雇用形態もさまざまです。

正社員として入社する人もいますが、契約社員やパート、アルバイト、業務委託などのスタイルで働いている人もたくさんいるのが現状です。

業務委託の場合は、打ち合わせをして作品の方向性や納期、予算などを決め、納品後に報酬が支払われる形になります。

個人経営の小規模なショップはとくに、正社員を多く雇用する余裕がないため、契約社員やパートやアルバイトが多くなる傾向があるようです。