ファイナンシャルプランナーの役割

お客さまの目標に対して、総合的な資金計画のアドバイスを行う

ファイナンシャルプランナーは、おもに個人のお客さまに対して、収支や家族構成、資産状況などについてヒアリングしたうえで、お客さまのライフプランについての相談にのったり、アドバイスをしたりする仕事です。

より詳しく見ていくと、日本FP協会のサイトには、「ファイナンシャル・プランニングとは夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法である」と書かれています。

また、金融財政事情研究会のサイトによれば、「ファイナンシャルプランナー(FP)は個人や中小企業の相談に応じて、顧客の資産に関する情報を収集・分析し、顧客のライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税務、不動産、相続・事業承継等についてのプランを立案し、アドバイスを行う資産相談に関する専門家」と定義されています。

これらを踏まえてファイナンシャルプランナーの役割をわかりやすくまとめてみると、「人生設計に必要とされる各分野の情報を総合的に考えて問題点を見つけ、お客さまの立場で解決方法を考えること」といえるでしょう。

お客さまが自身の人生の目標を達成し、安定した生活が送れるように、長期的な視点でアドバイスすることがファイナンシャルプランナーの役割です。

リスクについて考える

ファイナンシャルプランナーが対応する相談内容のひとつに「資産運用」に関することがありますが、そこでは価格変動リスク、為替リスク、信用リスクなど、さまざまなリスクを分散してコントロールするための方法を提案します。

また、お客さまの目標に合わせて、リスクが高い商品を取り入れたいのか、安定性の高い商品で運用したいのかなども検討します。

そのほか、病気・死亡・事故・災害といったさまざまなリスクに備えるための保険商品のうち、お客さまに適したものを提案します。

中立的な立場で相談にのる

独立系FPは、つねに中立的な立場でお客さまにアドバイスができます。

金融商品、保険、ローンの相談窓口は各金融機関や保険会社にもありますが、そこでは会社側はあくまでも自社商品を薦めるため、どの会社のものが最も自分に向いているかは自分で比較して判断しなければなりません。

一方、独立系FPの立場であると、お客さまが商品を選ぶときに、いろいろな会社の商品を比べて最も適しているものはどれかという提案を行うことができます。

他分野の専門家との連携のアドバイス

年金、保険、金融資産運用、タックスプラニング、不動産などの分野では、それぞれ専門家として活躍する人たちがいます。

そして、そこでは弁護士、司法書士、税理士、行政書士などとの連携・協力が必要になるケースがあります。

どういうときにどの専門家のところへ行ったらよいかということをお客さまにアドバイスするのも、ファイナンシャルプランナーの役割です。