ファイナンシャルプランナーの通信講座

ファイナンシャル・プラニング技能士の通信講座

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するための勉強方法として、各試験の実施団体や資格試験予備校が主催する通信講座を利用することが考えられます。

この通信講座の長所は、通学制の学校とは異なり、自分のペースで効率よく学習できることです。

なお、ファイナンシャルプランナーの代表的な資格である「2級FP技能士」と「3級FP技能士」の学科試験の場合、金融財政事情研究会と日本FP協会で共通しているため、対策は同じです。

初学者からFP技能士を目指す通信講座はたくさんあり、「DVDコース」「Webコース」「テキストのみ」の3コースが主となっています。

標準勉強期間も講座によって異なり、時間をかけてしっかり学習するものがあれば、短期間で学べるようにまとめられているものもあります。

3級FP技能士試験の講義は10回程度で、2級FP技能士試験の講義は20回程度です。受講期間は2〜6ヵ月ほどで、4ヶ月程度が平均的です。

また、カリキュラムも講義・演習・模試などがセットになった講座と、単品の講座があります。

通信講座の選び方

自分にあった通信講座を選ぶコツは、講座案内をよく読むことです。受講スケジュール、受講形式、講義、テキストが自分に合っているかが重要です。無料ガイダンスも参考になります。

通学もしたい方にはスクーリングが可能な通学コースもあります。多くの通信講座で質問や添削の制度が用意されています。

AFPとCFPの通信講座

AFPになるには、2級FP技能士試験に合格するほか、日本FP協会の認定を受けた資格学校やスクールなどの認定教育機関が実施する「AFP認定研修」を受けて合計68単位を取得し、提案書を提出して修了しなければなりません。

なお、申込み時に2級FP技能士のみを目指す講座と間違わないように注意が必要です。

その後、AFP取得者を対象としたCFP試験対策の通信講座を利用して、CFPの取得を目指すことも可能です。