ファイナンシャルプランナーの就職先

金融業界での活躍が中心

ファイナンシャルプランナー(FP)の活躍の場として最も代表的なのが、銀行、証券会社、保険会社、信用金庫、クレジットカード会社などの金融業界です。

これらの企業では、おもに営業職の人がお客さまに自社商品の提案をしたり、お客さまのライフプランニングをしたりする際に、FPとしての資格や知識を生かしています。

FPとして身につけた専門知識が業務に直結してくるため、金融業界では入社後、FP資格の取得取得を必須としている企業もあり、またFPの資格を持っていることで転職時に有利になったりキャリアアップにもなります。

なお、このように企業に勤務するFPは、通称「企業系FP」と呼ばれています。

不動産業界でも需要がある

金融業界以外に、不動産業界でもFPは活躍できます。

FPの扱う分野はいくつかに分かれますが、そのなかには「不動産」がありますし、不動産投資や不動産売買には「タックスプランニング」や「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」といった内容が関わってきます。

また、不動産相続をしたいお客さまに対しては、FPが扱う「相続・事業継承」といった分野の知識が生かせます。

こうしたことから、不動産会社では宅建と併せてFP資格の取得者が歓迎される傾向にあります。

独立して働くFPも

FPのなかには、個人事業主として、あるいは特定の企業に所属せずに独立開業をして法人化し、仕事をするファイナンシャルプランナーもいます。

こうしたFPは「独立系FP」と呼ばれ、おもに個人顧客の相談業務を行っています。

それぞれが専門分野を持ち、自身の得意分野を生かしてセミナーの講師をしたり記事を執筆したりすることもあります。

また、独立して保険代理店業務を手掛ける人もいます。

保険外交員の仕事

企業に正社員などの形で勤める以外に、個人で自分の力を試して仕事をしていけることも、FPの特徴です。