ファイナンシャルプランナーは国家資格?

国家資格と民間資格がある

ファイナンシャルプランナーという職業には、複数の資格が存在しています。

それらは、国家資格もあれば民間資格もあり、それぞれ特徴や認定団体などが異なります。

以下が、ファイナンシャルプランナーの代表的な資格です。

・3級FP技能士
・2級FP技能士
・1級FP技能士
・AFP
・CFP

上記のうち、「FP技能士(3級〜1級)」が国家資格であり、「AFP」と「CFP」は民間資格となっています。

国家資格であるFP技能士の資格試験は、に日本FP協会と金融財政事情研究会の2つの団体が実施しています。

資格の有効期限はないため、一度取得すれば一生モノの資格として生かすことができます。

国家資格を取得すべき?

FPの資格として、国家資格と民間資格のどちらを取得すればいいのか迷ってしまう人もいるようです。

絶対的な正解があるわけではありませんが、FPについて初めて勉強する場合など、最初はFP技能士への合格を目指すとよいといわれています。

先に述べたとおり、FP技能士は生涯有効な資格となるため、取得しておいて損はありません。ただし、就職や転職の際のアピール材料になるのは2級以上といわれています。

その後、さらにスキルアップを目指していく場合にはAFPを取得するとよいでしょう。

AFPは、2級FP技能士と同等レベルの資格となっており、2級FP技能士に合格したうえで、日本FP協会が認定する研修を受講するなどの流れに沿うことで取得が可能です。

したがって、たいていの人が2級FP技能士→AFPという順番で取得をしています。

AFPは資格の更新が必要となるため、日本FP協会が認定する継続教育というものを受講する必要が出てきます。

FP技能士という国家資格を取得したうえで、AFPによって継続的に学び、最新の情報を取得していけば、FPとしてのスキルをブラッシュアップすることができるでしょう。

その後、さらなる上級資格として1級FP技能士とCFPがあります。どちらもFP業界のなかでは最難関の資格となっており、両方を持っていれば相当なアピール材料となるでしょう。