ファイナンシャルプランナーの需要

金融業界では大きく需要がある

ファイナンシャルプランナー(FP)は、おもに銀行、証券会社、保険会社などの金融業界や、不動産業界などで需要のある職業です。

これらの業界では、お金や資産に関する業務を日常的に行っており、そこで働くうえではFPの専門性が大いに役立ちます。

実際、これらの場で働く人の多くはFP資格を取得しており、見方を変えれば、金融業界では業務を進めていくうえで最低限取得しておいたほうがよい資格ともいえるでしょう。

一般企業でもFPの知識が生かせる

また、一般企業でもFPの資格や知識があると有利になることがあります。

総務や経理など管理部門で働く人は、FP資格を持っていることも多く、その資格を強みに転職を成功させる人もいます。

ただし、最近は有資格者が増えており、学生など若い人もFP資格に挑戦するケースが目立ってきています。

このまま有資格者が増えれば、いずれは飽和状態になることも考えられます。

FPとしてステップアップしていきたいのであれば、少しでも上級レベルの資格取得を目指し、専門性を深める努力が欠かせません。

また、「中小企業診断士」「宅地建物取引士」「行政書士」などとのダブルライセンスによって、扱える業務の幅を拡げて成功している人もいます。

日常生活を送るうえでも役に立つ

FPとして身につけた知識は、自らが日常生活を送るうえでも十分に役立つものとなります。

資産運用や老後資金、住宅ローン、保険の見直し、相続問題など、人は生きていくうえでお金に関する問題を避けることはできません。

また、不況が続く現代社会においては、自分のお金をどう管理し、動かしていくかといった計画を立てることが不可欠といえます。

FPとしてそれに関する正しい知識を持っていれば、実生活についてもしっかりとしたライフプランを練り上げることができるでしょう。

外部のFPに頼らず、自分でFPとしての知識を持って生きていくことができるのも、大きな強みとなります。