ファイナンシャルプランナーに必要な知識、スキル

ファイナンシャルプランナーに必要な知識

ファイナンシャルプランナーに必要とされる専門知識は、大きく以下の6つの分野があります。

ライフプランニングと資金計画

社会保険や年金、教育資金、住宅資金やローンについての知識です。

リスク管理

生命保険、損害保険、医療保険等の仕組みや種類、保険の見直しについての知識です。

金融資産運用

金利の仕組みや預貯金、株式、債権、投資信託といった金融商品の内容と、経済指標の読み方に関する知識です。

タックスプランニング

所得税や住民税の仕組みと計算、法人税などについての知識です。

不動産

不動産と法律、不動産と税金、不動産投資などについての知識です。

相続・事業承継

相続税や贈与税の仕組み、遺言と遺産分割、事業継承についての知識です。

これらはFP技能士の試験科目にもなっていますが、特徴としては、ときに税理士、司法書士、社会保険労務士、弁護士といった、あらゆる「士業」の分野にまたがった知識が必要とされることです。

FPが税理士や司法書士など他の士業を兼ねて仕事をしていることもありますが、必要に応じて、他の分野の専門家と連携をとりながら、お客さまの課題を解決していくことも出てきます。

ファイナンシャルプランナーに必要なスキル

上記で掲げたような専門知識は、FPとして仕事をしていくうえで最低限必要なものであるといえます。

日々勉強を続けて知識を深め、よりお客さまの多様な課題を解決できるようにしていく努力が求められます。

しかし、ただ知識があるだけではやっていけないのもFPの難しいところです。

FPは、相談業務を通じてお客さまの生活に深く関わっていくことになります。お客さまの家計やローンといったプライベートなところにも踏み込んでいくため、まずは相手の信頼を得ることが絶対に必要です。

そのためには、話をしっかりと聞く力、問題点を瞬時に理解する力、情報を正しく伝える力などが必要となります。

簡単にいえばコミュニケーション能力となりますが、勉強で知識を深めるだけでなく、「この人にだったら安心して相談できる」という人間性を備えることが不可欠な仕事です。