ファイナンシャルプランナーになるために勉強すること

保険や税金などお金にまつわる幅広い内容を学ぶ

税金や金融、年金、不動産など、さまざまな分野をフォローするFP資格では、「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」「タックスプランニング」「リスク管理」「不動産」「相続・事業継承」という6つの分野について扱います。

また、具体的に勉強する内容は以下のとおりです。

1. ライフプランニングと資金計画
→社会保険と年金、住宅資金とローンなど

2. 金融資産運用
→生命保険や損害保険などの保険商品全般とリスクマネジメント

3. タックスプランニング
→預貯金、投資信託、債券など、お金や資産の運用法全般

4. リスク管理
→所得税、法人税、消費税など税金全般

5. 不動産
→不動産の査定、取引、不動産関係の法令など

6. 相続・事業承継
→贈与と法律・税金、相続と法律・税金など

これらを見ていくと、税金など日常生活に身近な問題もあれば、不動産関連の法令などあまり馴染みのないものもあり、専門的な勉強が必要になります。

また、専門用語は覚えなくてはならないものも多いですが、暗記だけでは通用せず、その知識をどのように使うのかは問題を解きながら習得することが重要です。

また、FPの知識に関わる税法などはたびたび法改正も行われるため、つねに最新の情報をキャッチアップしておく必要があります。

実践力、応用力を得ることも重要

FPは、勉強を通して専門知識を習得する必要がありますが、何よりも重要なのは、実際にお客さまと向き合うなかで、どれだけお客さまの抱える課題を解決していけるかということです。

そのためには、年金、保険、資産運用、不動産、相続といった幅広いお金の相談に乗るスキルを身につけなくてはなりません。

まずは知識として専門用語や法令、制度などを覚えていき、そのうえで多様なケースに対応できるだけの応用力を身につける必要があります。

これは勉強でもある程度得られるスキルですが、いざFPとして仕事を始めてから経験を積むことで身につくところも大いにあります。