ファッションデザイナーの役割

企業のファッションデザイナーの役割

ファッションデザイナーというと衣服をデザインする人というイメージですが、実際には仕事の内容はさまざまです

アパレルメーカーの場合、衣服が作られるまでいろいろな工程があり、それにあわせて仕事も細分化されているため、一言にファッションデザイナーといっても、必要になる専門知識や技術は仕事の内容により変わってきます。

アパレルメーカーの場合、衣服が作られるまでデザイン、生地選び、パターン作成、裁断、プリント、縫製、二次加工、袋詰めといったいろいろな工程があり、それにあわせて仕事も分業化・細分化されています。

そのため、必要になる知識や技術はどの工程に関わるかで異なります。

メーカーのコンセプトにあった衣服をデザインすることが役割とされる場合がありますし、いくつも分業されている作業の中で、衣服を作り上げるためにスタッフとのよいチームワークを作ることを役割とされている場合もあるでしょう。

フリーのファッションデザイナーの役割

一方、独立したブランドを持っている人は衣服をデザインだけに限らず、素材選びから、衣服を縫って作り上げ、ときにはそれを販売するまで行います。仕事内容が異なればファッションデザイナーとしての役割も異なってくるのです。

中には、お得意さまひとりひとりの要望に応えることを役割としている人もいるのではないでしょうか。

しかし、仕事の内容が異なってもファッションデザイナーに求められるのは、人に喜ばれる衣服を作るということです。

人が求める服を作ってこそデザイナー

もちろんデザイナーは自分の感性を衣服で表現します。自分がデザインした衣服という作品を作り出すわけですから、衣服を使って自分の考えを発信するという役割もあります。自分の作品ができ上がれば達成感や喜びがあるでしょう。

しかし、作り出した作品が誰にも目にとまらず、また目にとまったとしても喜ばれなければ、作品を作り出した意味はありません。もちろん、収入にも結びつきません。

ファッションデザイナーの仕事は、自分が欲しい衣服を作るのではなく、「人が求める衣服」を作り出すのが仕事なのです。

人の気分を楽しくする仕事

人の印象や気分は衣服ひとつで変わります。おしゃれをすれば楽しい気分になり、スーツのような衣服をきれば、気持ちが引き締まります。おしゃれに興味があるお年寄りが若々しく見えるのも、衣服が若さを保つ源だからです。

だからこそ、ファッションデザイナーには、人が求めるモノを敏感に感じ取り、それを吸収して、衣服という作品に反映させることができる能力が要求されるのでしょう。