夜間や通信制のファッションデザイナーの学校

夜間や通信制ファッションデザイナー学校の特徴

ファッションデザイナーになるための学校として、夜間学校や通信制の学校があります。

これらの学校の特徴は、4年制、2年制、1年制の学校に比べて修業時間が短いことから、学科が特化され、カリキュラム内容が限られているということです。

修業時間の長い学校では、デザインのことだけでなく、縫製や、商品企画や製作、テキスタイル産地、ファッションのビジネスのことなど幅広く学習することができますが、夜間や通信制のファッションデザイナーの学校ではそのような授業を行うだけの時間がありません。

そのため、デザインならデザインのことだけ、縫製なら縫製のことだけといったように学科や授業が限定されているのです。

夜間や通信制のファッションデザイナーの学校に通う人

昼間制の学校の場合は、ファッションデザイナーを目指す人が中心ですが、夜間や通信制のファッションデザイナーの学校に通う人の背景はさまざまです。

これからファッションデザイナーを目指す人もいれば、すでにアパレルメーカーに就職している人が技術や知識をさらにアップすることを目指して通う場合もありますし、転職にあたっての技術や知識を高めるために通う人もいます。

またファッションデザイナーになりたいわけではなく、衣服に興味があって、自分で衣服を作るために、趣味のために通う人なども皆無ではありません。

ファッションデザイナーになれるのか

昼間制の学校に通えば必ずファッションデザイナーになれるのかというとそのようなことはありません。昼間制の学校を卒業しても就職が難しかったり、就職をしたものの、途中で挫折する場合も数多くあります。

就学期間の短い、夜間や通信制のファッションデザイナーの学校を卒業してファッションデザイナーになれるのかどうかについても、確実なことはいえません。

短い時間の中でしっかり技術や知識を身につけてファッションデザイナーになる人もいれば、技術や知識の不足から就職が難しい場合もあります。ファッションデザイナーになれるかどうかはやる気の問題といってもいいかもしれません。