ファッションデザイナーになるには東京でないとダメ?

専門学校は全国にある

ファッションデザイナーになりたいという人は全国各地にいます。

しかしファッションデザイナーになるための勉強をするには東京の方がいいのでしょうか?また、ファッションデザイナーとしてやっていくのも東京の方がいいのでしょうか?

ファッションデザイナーになるためには専門的な知識と技術が必要です。そのため、ファッションデザイナーを目指す場合、専門の学科がある大学を卒業するか、服飾関係の専門学校を卒業してからファッションデザイナーとなります。

結論から先にいえば、服飾関係の専門学校は全国にありますから、必ずしも東京の大学や専門学校で勉強しなければならないということはありません。ただし、東京の方が学校が多いのは確かです。

学校によっては地方出身者のために寮などが用意されているなど、学校がサポートしてくれるところがありますので、東京で学ぼうと考えている場合は、そのようなサポートのある学校を一考する価値はあるでしょう。

就職するには東京の方がいい?

ファッションデザイナーには、アパレルメーカーなどの企業勤めをするファッションデザイナー、ブランドで、そのブランドのファッションデザイナーとして仕事をする人、独立して店舗を構えるファッションデザイナー、フリーで活躍するファッションデザイナーなどさまざまな仕事の方法があります。

独立したり、フリーでというのは学校を卒業したばかりでは難しいため、学校を卒業して考えるのは企業勤めをするかブランドに入るかというところです。

この場合、東京の方が就職が有利かというと、必ずしもそうではありません。

ファッションデザイナーの求人は全国で行われており、特に伝統的に繊維産業が集積している大阪や個性豊かなアパレルメーカーがある神戸、京都など近畿地方にも有望な就職先は多くあります。

東京は企業数が多い

就職するなら東京の方がいいと多くの人が思うのは、東京の方が募集が多いということでしょう。確かに東京には他の府県に比べてアパレルメーカーなど企業が集中していますから、募集も多くあります。

しかし、その分、東京にはファッションデザイナーを目指して勉強する人も多くいますから、東京の方が有利というわけではありません。むしろ競争率が激しいといっていいのです。

もちろん、東京には多くの人が集まるので、他の都市にはない交流や刺激を受けられるというメリットもあります。

自分が何をしたいのか、何になりたいのかということをしっかりと見極めると、「とにかく東京に行けば何とかなる」というわけではないことに気づくはずです。