ファッションデザイナーへの転職

ファッションデザイナーの募集時期

アパレル業界が少し元気を取り戻しつつある昨今、スキルアップをめざして転職を考える人も増えています。

夢のある職業、ファッションデザイナーへの転職を考える人もいるでしょう。

ファッションデザイナーの募集は年間を通して行われていますが、新しいブランドの立ち上げや、店舗の開店などは秋や冬に比べると春先が最も多くなります。

そのため、春先が最も多くスタッフの募集が行われます。

転職を考えるのであれば、春先にチャレンジするのがいいでしょう。

転職の際に求められるもの

アパレル業界が少し元気になって募集が多くなってきているとはいっても、それは少し前に比べてということです。

募集があるとしても、高いスキルを持った人材が求められています。

大手のアパレルメーカーなど、人材を育てる余力のある企業では新卒や未経験者の募集がありますが、そうでないところではたいていは即戦力となりうる、ある程度の落ち着いている年齢で、さらにスキルが十分にある経験者が募集されています。

転職の際の注意点

ファッションデザイナーへの転職を考える際には、注意しなければいけないことがあります。

まず、仕事内容に関してですが、たとえデザインの担当を希望していても、最初からこの業務に就けるとは限りません。

デザイナーの描くデザインというのは、商品の売り上げやブランドイメージそのものを左右する重要なものです。

ですから、たとえ高いスキルやセンスを持っているデザイナーであっても、まずは入社後にブランドのコンセプトや消費者の年齢層や好みなどをしっかりと勉強することになります。

ある程度の知識が身につくまでは他のデザイナーのアシスタントをすることも珍しくないので、転職後すぐに希望の仕事に就けなくてもコツコツと経験を積むことが大切です。

転職の面接試験においては、「デザイン以外も何でもやる」という気概をしっかり見せておくことが必要となるでしょう。

次に、転職の条件ですが、企業によっては今後の育成のことも踏まえて若い人材を欲しているため、年齢制限を設けていることがあります。

30代、40代での転職となるとこの条件にあてはまらない場合があるので、求人票をよく確認したほうがよいでしょう。

転職を成功させるには

現在は独立して店舗を構えているブランドやフリーのファッションデザイナーは、よほど有名なブランド、有名なデザイナー以外は、収益を上げることがなかなか難しい状態のようです。

そのためファッションデザイナーへの転職を考える場合は、アパレルメーカーのデザイナーといった企業デザイナーを一考するところでしょう。

その際、転職を成功させるには、そのブランドを理解していることを示すことです。

すでにその企業にはブランドイメージがありますから、何よりもそのブランドイメージを理解している、またはそのブランドが好きだという気持ちを印象的に訴えることが大切です。

そしてそのブランドで自分の好きなものや考えていることを発信していきたいということを明確にすることです。