ファッションデザイナーの就職先、活躍の場

大半のデザイナーがアパレルメーカーに

服づくりをしているところであれば、どこでもファッションデザイナーの就職先、活躍の場となります。

その中で、就職先として最も多いのはアパレルメーカーです。

求人を見ても、実際に働いている人の数を見ても、大半のファッションデザイナーはアパレルメーカーで活躍しています。

規模の大小はありますが、多くのファッションデザイナーの活躍の場となっているのは間違いありません。

アパレルメーカー以外の就職先としては、繊維メーカーやデザイン事務所やブティックなどがあります。

ブランドによっては自社で全てを担うのではなく、企画やデザインの部分だけを行っているところもあります。

その場合はファッションデザイナーの仕事がブランドの成否に強く影響します。

実は「何でも屋」の一面も

ファッションデザイナーが作ったデザイン画に沿って、パタンナーが型紙を作って製品に仕上げていくというのが、基本的な流れです。

デザイナーとパタンナーに分業されているところが多いのですが、小規模なアパレルメーカーやデザイン事務所などにはファッションデザイナーがパタンナーの仕事をこなすという人もいます。

デザイン画を書き起こし、型紙(パターン)を製作し、企画の提案まで行うという「何でも屋」という一面があるのも、ものづくりに関わる仕事の特徴といえます。

オートクチュールをめざすなら

アパレルメーカーやデザイン事務所で企業内のデザイナーをする場合、マーケティングをもとにデザイン画を作って縫製担当者につなげるのが主な仕事となります。

こうしたスタイルとは異なり、顧客一人ひとりに合わせてオーダーメイドでデザインを作り縫製を行うようなスタイルのことを「オートクチュール」といいます。

この仕事をしたいのであれば、オートクチュールを専門に行っている企業に就職するとよいでしょう。

フリーランスのデザイナーとして働きながらオートクチュールの仕事の依頼を受けることもできます。

ただし、現代社会ではオートクチュールの需要が減り、厳しい現状があることも事実です。

各世帯が衣料品にかける費用が減少し大量生産の安価な服を購入する消費者が多く、高級衣料店にオーダーメイドの服を作りに来るような顧客層はごく一部なのです。

こうした現実もあり、オートクチュールをめざすデザイナーはたくさんいるのですが、実際にこの仕事に就ける人間は決して多くはありません。

フリーランスの道は狭き門

「経験を積んで、いつかは自分のブランドを立ち上げて独立したい」というのは、多くのファッションデザイナーが憧れる道筋です。

実際に企業で働いていたファッションデザイナーが独立をしてフリーになり、そこで立ち上げた自身のブランドを成長させたという例は数多くあります。

このように夢を大きく持つことはとても大切ですが、そう簡単ではないのが現実です。

卓越した技術や独創的な発想力が求められるのはもちろんのこと、資金面やプロモート面での運も味方につけないことには、フリーランスで成功というのは難しいでしょう。