ファッションデザイナーの種類

ファッションデザイナーにもいろいろな種類がある

一口にファッションデザイナーといっても、そこにはさまざまな種類があります。

もちろん日々行っている仕事に大きな違いはないのですが、どんな立場で仕事をしているかによって、仕事との関わり方や収入が大きく異なります。

ここでは、ファッションデザイナーの種類について説明します。

最も多いのは企業デザイナー

現役ファッションデザイナーの多くはアパレルメーカーなどに勤務をして、そのメーカーの製品をデザインする企業デザイナーをしています。

ただし、企業デザイナーといってもレディースなのかメンズなのか、またカジュアルなのかフォーマルなのか、さらにスポーツブランドなど、勤務するメーカーによって生み出す製品に多彩な種類があります。

企業デザイナーの正確な人数は分かりませんが、ファッションデザイナーを仕事としている人の中では最も人数が多い人たちです。

ほとんどの会社が月給制なので、毎月ほぼ同額の給料をもらいながら働きます。

企業によってはボーナスもあります。

生活は比較的安定していて人生設計もしやすいですが、チームでの作業となるため、ヒット商品などを飛ばしたとしてもそれほど給料に反映することはありません。

自身でブランドを立ち上げるデザイナー

ファッションデザイナーの名前がそのままブランド名になっているという例はたくさんあります。

これらのブランドは、その名が使われているファッションデザイナーが自分自身で立ち上げ、経営しています。

ファッションデザイナーとしては最も成功した形となり、そこからヒット商品が出れば収入は飛躍的に増えます。

ただし、その逆にヒット商品が出なければ収入は限りなくゼロに近くなってしまうので、収入の浮き沈みがとても激しい仕事といえるでしょう。

独自ブランドの立ち上げに憧れる人は数多くいますが、実際に成功する人はほんのわずかです。

タイアップのデザイナー

近年、タレントなどの有名人がプロデュースしたというファッションブランドが多くなってきています。

実際に有名人本人がデザインの全てを担っているというわけではなく、実態はタイアップをしているアパレルメーカーなどが協力してベースを作り、タレント側の知名度やイメージなどを活用してブランドを流行らせるという役割分担になっています。

こうしたタイアップブランドにもファッションデザイナーは必要なので、ここで活躍しているデザイナーもいます。

有名人が関わっている分だけ成功する確率は高くなりますが、とても狭き門なので実力を積み、運にも恵まれないと就けない職業です。

フリーランスのデザイナーも

この他に、アパレルメーカーに勤めるわけでもなく、自身のブランドを立ち上げるわけでもなく、タイアップブランドに携わるわけでもない、フリーランスのファッションデザイナーもいます。

フリーランスのデザイナーは、信頼関係のあるアパレルメーカーやデザイン事務所と契約を結び、案件ごとに納期や報酬を決めて仕事をします。

「ノベルティのスカーフをデザインしてほしい」というような単発の依頼もあれば、「今シーズンの新作のラインナップをデザインしてほしい」というような長期的なスパンでの依頼もあります。

フリーランスで働くことの魅力はさまざまな商品のデザインを引き受けることができるので、仕事の幅が広がるということでしょう。

クライアントが違えば毎回新鮮な気持ちで仕事をすることができますし、新しい経験ができる機会も増えます。

そのぶん、案件ごとにターゲットとなる消費者や求められるデザインの方向性が異なるので、柔軟に対応する能力がなければやっていけない仕事です。