ファッションデザイナーの需要と求人・採用状況

アパレルメーカーの求人が最多

ファッションデザイナーをめざす場合、有名なデザイナーやブランドの事務所等に勤める方法もありますが、アパレルメーカーなどに専門職として就職するのが一般的です。

日本だけではなく海外も含めると相当な数のアパレルメーカーがあるので、こうした企業の求人に応募する形で就職先を決める人が多いようです。

就職するにあたっては、服飾系の専門学校を卒業していることが大きなアドバンテージとなります。

ファッションデザイナーは専門職のため、服飾についての専門的な知識や技術が必要とされるのです。

こうした知識や技術をベースにして仕事を覚え、現場でさまざまな経験を積みながら一人前になっていくのがファッションデザイナーのステップアップの流れです。

未経験者の採用は厳しい?

ファッションデザイナーは国家資格や免許を必要とする職業ではありません。

関連する資格はありますが持っていなければ採用されないということではなく、極端なことをいえばセンスや技術さえあれば誰でもこの仕事に就くことはできます。

しかし、現実問題としては、全くの未経験者を雇うアパレルメーカーはほとんどないと考えておいたほうがよいでしょう。

ファッションデザイナーの実力というのは、その企業の売り上げやブランドイメージそのものを大きく左右するといっても過言ではないのです。

どのメーカーも優秀なデザイナーを欲しているため、学生時代にコンクールやコンテストで入賞しているような人や、海外のブランドで働いたことがある人など即戦力として働ける人を積極的に採用する傾向があります。

全くの未経験者でアパレルメーカーへの就職をめざす人は、まずは求人票の採用条件をしっかり確認してみてください。

「未経験者は不可」とはっきり明記されている場合、経験を積むための方法を考えることが先決です。

あるいは、一部の大手アパレルメーカーなどでは新しい血を入れるために未経験者が募集されていることがあるので、このような企業に絞って就職活動を行う方法もあります。

未経験者で就職をめざすのであれば、まずは大手企業の求人状況を丁寧にチェックしてみるとよいでしょう。

不況の影響を受けやすい産業

デフレやデフレスパイラルといった言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

デフレとは、モノの価格が下がったために企業の収益が下がり、収益が下がったために給与も下がるという現象で、現在の日本はこの不況状態にあります。

アパレル業界もこのデフレという不況の影響を強く受けて、収入が減ったために服にお金をかける人が少なくなり、ファッションデザイナーは腕を振るう機会が減ってしまっているという一面は否定できません。

安い衣服を作るために素材やデザインなど決まったものになってしまい、ファッションデザイナーが自身のこだわりを表現することが難しくなっています。

作りたい服を作れないジレンマを抱えている人は少なくないようです。

こうした難しさは、当分続くのではないかと考えられています。

しかし、一方で流行のサイクルが早くなったことで、ファッションデザイナーの需要が高まっているという一面も併せ持っているのが現在の状況です。

ファッションデザイナーにも即戦力重視の波

服にお金をかける人が少なくなったといっても、皆がファッションに興味がなくなったというわけではありませんし、相変わらず毎日のように多くのファッション雑誌が発刊されています。

ファッションに興味を持つ人もたくさんいますから、新しいブランドも生まれてきています。

そのため、採用募集などは常に行われているのですが、経験者が求められるケースが多くなっています。

ファッションデザイナーになるには専門的な知識や技術が必要ですから、それらを持っている経験者を即戦力として求めているのです。