ファッションデザイナーの資格

資格の種類

ファッションデザイナーになるにあたって「この資格がなければ働けない」という資格はありません。

しかし、アパレルメーカーなどの企業に就職する場合、資格の有無が役職に上がる場合の条件になっている場合もありますから、資格は持っていた方がいい場合があります。

ファッションデザイナー関連の資格は技術に関するものが多く、財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する「洋裁技術検定」や「パターンメーキング技術検定」、「ファッション色彩 能力検定」といった資格があります。

洋裁技術検定は、基礎の初級、専門の中級、実務レベルの上級といったレベルがあり、衣服を製作するための知識と技術が審査されます。

パターンメーキング技術検定は、型紙を作るパタンナーという職業の技術試験で、3級から1級があり、3級は入門、2級は専門、1級は実務レベルになります。

間接的に関わりがある資格

「ファッション色彩 能力検定」は、色彩に関する知識や色彩感覚と運用能力を審査される資格試験で、3級から1級があり、3級は入門、2級は専門、1級は実務レベルになっています。

財団法人日本ファッション教育振興協会以外にも資格試験を行っているのが東京商工会議所で、「カラーコーディネーター検定試験」を主催しています。

これは色の効果をビジネスシーンで活用するための知識や能力が審査されます。

これ以外にも、「ファッションビジネス能力検定」や「ファッション販売能力検定」、「和裁検定試験」といった試験などもあります。

あると役に立つ資格

ファッションデザイナーとして仕事をする上では、一見ファッションとは関係がなさそうに見えても、取得しておくと役に立つ資格もあります。

代表的なものを挙げるとすれば、パソコンに関連する資格でしょう。

たとえば、仕事におけるプレゼンテーション資料や取引先への請求書を作る上ではWordやExcel、PowerPointなどの基本スキルは絶対に身につけておいたほうが便利です。

また、デザインという仕事を専門にする以上は、IllustratorやPhotoshopのような画像加工ソフトを使いこなせるようになっておくと、仕事の幅が広がることがあります。

いずれ自分でブランドを立ち上げる際にはHPを作ることもあるので、Webに関する基本知識やプロモーションに関する知識もあったほうがよいでしょう。

このようなパソコン関係の資格として、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」「Illustratorクリエイター能力認定試験」「Photoshopクリエイター能力試験」などがあります。

学生時代の時間があるときにこうした資格を取得しておくと、いずれ役に立つ日が来るのではないでしょうか。

試験の形式

ファッションデザイナー関連の資格試験の試験方式は、試験によって異なるところはありますが、たいていは筆記試験と実技試験が行われます。

試験は全国で行われていますが、全ての都道府県で行われているわけではなく、最も多くの試験が行われているのが東京と大阪です。

試験は、筆記と実技があるため、長時間になります。

試験によって午前と午後の1日6時間であったり、筆記と実技の2日間で試験が行われたりしています。