未経験者からファッションデザイナーになるには

まずは専門学校で勉強を

ファッションデザイナー国家資格や免許を必要とする職業ではありませんが、服飾やデザインに関する知識と高いスキルが求められる専門職です。

アパレルメーカーやデザイン事務所のファッションデザイナーの求人で「未経験者も可」としているところはほとんどありません。

すでにこの業界で働いたことがある人、あるいは学生時代に服飾系の専門学校や大学の被服科などで勉強をしてきた人を積極的に採用する傾向があります。

ですから、未経験者がファッションデザイナーをめざすのであれば、まずは学校に通って基礎を学ぶというのが最もオーソドックスな方法といえるでしょう。

専門学校や大学の入学試験には年齢制限がないので、社会人になってから夢を諦めきれずにこの道をめざす人でも入学することができます。

カリキュラムの内容は学校によって異なり、就学期間は「一年制」「二年制」の学校に加えて、長いところでは四年制の学校もあります。

四年制の専門学校の場合、美術系の大学や大学卒業と同様の資格を得ることができるのが大きな特徴です。

学習の内容としてはデザイン、縫製、ドレーピング、パターンメーキングなどがあります。

自分の年齢や経済的な事情、めざす仕事内容に合わせて進学する学校を選ぶとよいでしょう。

現場で修行をする道も

ファッション業界は専門性が高いため、求人の時点で「未経験者は不可」としていることも珍しくないのですが、ごく一部の大手アパレルメーカーでは未経験者の採用を行っていることもあります。

こうした企業の場合は、内定後に研修を行ったり先輩が教育係としてついたりすることで必要な知識やスキルを身につけることができるようです。

また、服飾関係の企業でアルバイトやパートをしながら勉強をするという道もあります。

現場で職人の背中を見ながら学ぶ形になるので、わからないことは自分からどんどん聞きに行ってスキルアップをめざす積極性が必要不可欠といえるでしょう。