ファッションデザイナーの面接、自己PR

ファッション・アパレル業界は面接時の服装も採点対象

どんな職業であっても、就職活動の時には面接試験があります。

筆記試験についてはあるところとないところがありますが、面接がないということはありません。

ほとんどの会社の面接試験といえば、リクルートスーツを着ていくのが常識です。

しかし、ファッション・アパレル業界に関しては例外です。

その人がどんなファッションセンスを持っているのかも採点対象なので、スーツではなく私服で来てくださいと指定されるところが多いという特徴があります。

面接時の服装は、自分のファッションセンスを大いに主張できるものを選びましょう。

ただし、あくまでも面接ですので、友達と遊びに行くような服装ではなく、清潔感のある服装をしていった方がよいでしょう。

個性を見せつけようとして奇抜なものを選び過ぎると、常識や良識がないという印象を与えてしまうことがあります。

肌の露出が多い恰好もNGです。

また、会社側がわざわざ「私服で」と指定してきていない場合はスーツのほうが無難です。

好きなブランドやデザイナーを語る

ファッションデザイナーをめざすからには、憧れているブランドやデザイナーについて勉強しておくことは当然のことです。

面接においては、このような質問を受ける可能性もあるので、自分の好きなブランドやデザイナーについて語れるとよいでしょう。

世界的に人気のあるブランドや歴史に名を刻んだデザイナーのことを語ってもよいのですが、採用試験を受ける企業と関連があるものであるとベターです。

「御社の〇〇というブランドのシンプルでありながら個性的なデザインに魅力を感じていて…」「御社の専属デザイナーである〇〇さんの発想力に感銘を受けて…」など、企業研究の成果を交えながら自己PRにつなげていけると印象に残りやすいでしょう。

企業としては、自分たちの愛するファッションの未来を一緒に創ってくれる仲間を探しています。

どんなファッションが好きで、どんなデザイナーが好きかということは非常に重要なチェックポイントなので、面接に向かう前にしっかり考えをまとめておきましょう。

面接では質問をよく聞くこと

面接試験では所作(しょさ:マナーや振る舞いのこと)にばかり気を取られている人が多いのですが、相手の話をよく聞いているかどうかが問われていることを忘れないでください。

用意してきた質問を答えたいばかりに、面接官の質問と全く関係のないことを答えたりしていては、どれだけ満点の回答をしても結果は零点です。

しっかりと、面接官が尋ねていることを最後まで聞いて、その質問に対する答えを話すようにしましょう。

受け答えはハッキリと、元気よく

面接官が評価するポイントは状況によって変わってきますが、共通しているのは「一緒に働きたいと思える人かどうか」という点です。

就職をしたら面接官も同じ会社の人になるのです。

もしかすると上司になる人かもしれないのですから、働き始めた後も気持ち良く一緒に働きたくなる人を演出しましょう。

ハッキリとした受け答えや、元気のよい話し方はどんな会社であっても好印象です。

小手先のテクニックではなく、人としての魅力をしっかりと伝えるようにしましょう。