企業内のファッションデザイナー

アパレルメーカーの企業デザイナー

ファッションデザイナーというと、オーダーメイドの服をデザインして仕上げるような仕事を思い描く人もいるかもしれませんが、大半の人はアパレルメーカーや繊維メーカーに勤務しており、その企業の主力商品となる洋服や小物などをデザインしています。

このような企業内で働くデザイナーのことを、「企業デザイナー」と呼びます。

アパレル生産に関わる仕事であり、デザイン画からパターンを作って縫製し、大量生産をする商品に携わるのが特徴です。

こうした企業の中では仕事が細分化されていることが多く、それぞれの分野にそれぞれのプロフェッショナルがいて、企業デザイナーと連携しながら働いています。

たとえば、新商品のイメージを練る際には商品企画やマーケティングの担当者と打ち合わせをすることになりますし、商品の宣伝の仕方や起用するモデルについて広報担当者とアイディアを出し合うこともあります。

また、パターンを作るパタンナーや縫製の担当者と一緒にデザインを実現させるための方法を考えることもあります。

生産量や組織の規模が大きいぶんひとつのトラブルやミスが大きな問題に発展しやすいので、企業デザイナーはそれぞれの職種の人たちがどのような仕事を担当しているかを理解した上で、コミュニケーションを取ることが求められます。

企業のコンセプトを理解するために

企業内のファッションデザイナーにはデザインセンスや高いスキルが求められますが、特に重要なことはコンセプトの理解です。

ブランドにはそのブランドならではのコンセプトがあり、消費者の年齢層や好みの傾向、販売する店舗の規模や価格帯などには大きな差があります。

また、毎年同じようなデザインでシリーズとして展開していることもあるので、今までどんな商品がヒットしてきたのか、これからどんな商品が求められているのかを自分なりにしっかりと勉強することが大切です。

企業によっては、就職してから研修を行うこともありますし、しばらくは他のデザイナーのアシスタントをしながら知識を身につける期間を設けることもあります。