女性のファッションデザイナー

女性ならではの感性を生かして

ファッション業界は、多くの女性が活躍している業界です。

世界的に有名なファッションデザイナーの中にも女性は多く、あの人気ブランド「シャネル」の生みの親であるガブリエル・シャネルも女性ですし、「LANVIN」はジャンヌ・ランバンという女性が、「ヴィヴィアン・ウエストウッド」はその名の通りヴィヴィアン・ウエストウッドという女性が立ち上げたブランドです。

また、日本ではコシノヒロコさんやその姉妹、森英恵さん、桂由美さんが有名です。

男性と女性を比較すると、女性のほうがファッションやショッピングへの興味関心が強い傾向がありますし、女性ならではの豊かな感性や芸術性を生かしやすいという側面があるのは間違いないでしょう。

また、女性が着る服をデザインするのであれば、女性のほうが同じ目線で考えられるというメリットもあります。

デザイン全体についてはもちろんのこと、スカートの広がり方や丈の長さ、ボタンの位置など、細かい部分において自分の経験やアイディアを生かせることがあるのです。

「自分がどんな服を着たいか」から発想してデザインにつなげることができるのは大きな強みといえるでしょう。

女性ならではの働き方

女性のファッションデザイナーとして働くのであれば、結婚や出産を経ても働きやすい環境が整っている企業を探すと長く働き続けることができます。

最近ではファッション業界においても産休や育休などの制度が充実してきているので、就職の際によく確認しておくことが大切です。

また、若いうちにたくさんの経験を積んで人脈を広げておき、いずれはフリーランスになるという道もあるでしょう。

フリーランスのデザイナーの場合、信頼関係があるアパレルメーカーやデザイン事務所などの企業から案件ごとに依頼を受けることになります。

仕事量が不安定になるという厳しさはありますが、自分のペースで働くことができるので家庭との両立はしやすくなるようです。