ファッションデザイナーは激務?

労働時間が長い

ファッションデザイナーには、企業勤めをするファッションデザイナー、独立して店舗を構えるファッションデザイナー、フリーで企業等と契約を結んで仕事をするファッションデザイナーなどがいます。

どのファッションデザイナーにも共通していることは、仕事が不規則ということです。一般企業のように定時で仕事を終えるというわけにはいきません。定時に帰れることなど稀といっていいでしょう。

ファッションデザイナーの仕事はなぜ不規則?

ファッションデザイナーの仕事はなぜそのように不規則になってしまうのでしょう?

その理由の一つとして、企業勤めのファッションデザイナーの場合は、季節ごとにファッションショーのイベントがあるためです。イベントに合わせて新作を考え、ショーを成功させるため、さまざまな仕事をこなさなくてはなりません。

また、普段から納期といったものもあり、それに合わせてデザインを作っていかなくてはなりません。

では独立して店舗を構えるデザイナーはどうかというと、こちらもショーに参加すれば忙しくなりますし、お客さまの都合に合わせなくてはならない場合などあり、時間通りの勤務とはいきません。

フリーで働くデザイナーも同じです。企業の要望に応えて働かなくてはなりませんから、時間通りの勤務というわけにはいきません。

激務でもやりがいのために働く

厳しい環境で働くファッションデザイナーが人気のある職業である理由は、やはり、衣服や衣服をデザインすることが好きだからです。

ファッションデザイナーの場合、自分の好きなことを仕事にしている人が多いので、どんなに忙しくても耐えられるところがあります。また、自分の能力ひとつで大成功する可能性があるのも大きな魅力です。

しかし、納期に追われて精神的につらいときもありますし、スランプになることもあるでしょう。何より不規則な仕事は体力的につらいところがあります。ファッションデザイナーの仕事はそういった意味で激務といっていいでしょう。