ファッションデザイナーになるための学校(大学・専門学校・スクール)

学校の種類

ファッションデザイナーになるには、服飾に関する知識や技術が必要不可欠です。

それらの専門的な勉強をするためにファッションデザイナーを志望する人の多くは専門の学校に通いますが、その専門の学校の種類は就学期間や修業時間、カリキュラム内容などさまざまです。

ここでは、4年制の学校、4年制未満の学校、夜間や通信の学校についてご紹介します。

4年制の大学

まずは、4年制の学校のひとつとして、服飾やデザインの大学があります。

美術系の大学でファッションやデザインを勉強できるところもありますし、私立の女子大学を中心に「被服学科」「服飾造形学科」「ファッションデザイン学科」などの学科を設けているところもあります。

大学に進学すると大卒の学歴を手に入れることができるので、将来的に他の職業にも就ける可能性が高くなることは大きな強みといえるでしょう。

その一方で、語学や歴史などの一般教養の科目があるぶん、服飾系の専門学校に比べて学習の範囲が広く浅くなるという一面もあります。

このため、より実践的なスキルを身につけるためには専門学校を選択するという人も多いようです。

費用に関していうと、服飾に関する学科を設けているのは私立の大学が中心なので、四年分の学費は高額になります。

学習のカリキュラムや経済的な事情を踏まえた上で、大学に進学するのか、専門学校に進学するのかを決めるとよいのではないでしょうか。

4年制の専門学校

もうひとつの4年制の学校としては、服飾系の専門学校があります。

これらの学校は4年間と就学期間が長いだけに、幅広い分野をゆったりと学ぶことができるのが大きな特徴です。

学校によってカリキュラムの内容は異なりますが、デザインのことだけでなく、商品企画や製作、テキスタイル産地や縫製のことなどから、ファッションビジネスのことなど幅広く学習できるようになっています。

ファッションデザイナーとして働く際に役立つ検定の受検や資格の取得などに力を入れているところもあるようです。

さらに、これらの4年制学校の中には「高度専門士」の資格を習得できるところもあります。

高度専門士は「大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者」とされ、4年制大学の卒業生と同様に大学院の受験資格を得ることができます。

就学期間が4年未満の学校

ファッションデザイナーになるための学校には、就学期間が1年のものや、2年のものなどもあります。

4年制の学校の場合、カリキュラムの中に一般科目が含まれている場合があるのに対して、4年未満の専門学校の場合、授業内容は専門の科目だけになります。

また、このような専門学校では学科もデザイン、縫製、ドレーピング・パターンメーキングなどに特化されていることが多く、そこで各ジャンルの専門的な知識や技術を学習します。

授業内容も実践的な内容のものが多く、一種の職業訓練校的な学校ともいえるでしょう。

学校によっては、就職活動に向けて検定や資格の取得などを推奨しているところもあります。

夜間や通信教育

服飾系の勉強をしたいのであれば、社会人が働きながら通えるような夜間授業を行う学校や通信教育の学校を選ぶという手もあります。

これらの学校は、就学期間が短いだけに専門的な知識や技術を幅広く勉強することが難しいため、ジャンルが特化されていたり学習内容が限られていたりします。

そのため、ファッションデザイナーをめざす人だけでなく、すでにアパレルメーカーに就職している人が勉強のために通っていたり、裁縫の上達をめざす主婦が趣味の延長として通っていたりとさまざまです。

専門学校に比べると学べる知識や技術が少ないぶん、本人の努力が必要になります。