フリーランスのファッションデザイナー

独立してブランドを立ち上げる場合

ファッションデザイナーとして活躍している人の多くは、アパレルメーカーや繊維メーカー、デザイン事務所などで働いています。

一方で、若いうちにこうした企業で経験を積み、独立して働いている人もいます。

独立して自分のブランドを立ち上げようと考えているファッションデザイナーの場合、まずはコンセプトづくりから始めることになります。

新しく立ち上げるということはファッション業界に新しい価値を生みださなければいけないということです。

決めることはブランド名からデザインのコンセプト、客層や販売価格、広報の手段まで山のようにあります。

卓越した技術や独創的な発想力が求められるのはもちろんのこと、資金面やプロモート面での運も必要でしょう。

成功すれば自分の思い描く通りのファッションを生みだすという大きなやりがいを感じられることは間違いありません。

その一方、成功できる人はほんの一握りで、事業として続かなかったり資金繰りで苦しんだりするケースも多いので、覚悟がなければ飛び込めない世界ともいえます。

委託業務を受ける場合

ファッションデザイナーの中には、独立した後に自分のブランドを立ち上げるのではなく、フリーランスとして働く人もいます。

この場合は、信頼関係のあるアパレルメーカーやデザイン事務所と契約を結び、案件ごとに業務委託を受けることになります。

季節のコレクションや新たなシリーズの考案などの大型案件を請け負う場合は長期的なスパンでの依頼になりますが、顧客に配布するためのノベルティや景品のデザインのような仕事もあり、単発の依頼も少なくはありません。

フリーランスの場合、必然的に仕事量は不安定になりますし、それは同時に収入が不安定になるということでもあります。

その一方で、自分の希望やスケジュールに合わせて仕事を入れることができるので、自分のペースで働きたいという人にとっては柔軟な働き方ができるスタイルといえるでしょう。