ファッションデザイナーの独立

フリーランスのファッションデザイナーの現実

ファッションデザイナーという職業の最終的な夢のひとつに、独立してフリーランスで活躍するという姿があります。

独立自体は資金があればできないことではありませんが、独立してフリーで活躍し続けていくにはひとかたならぬ苦労があります。

ファッションデザイナーにとって、フリーのデザイナーとして独立して自分でやっていくということは、とても魅力的なことに思えるでしょう。

企業勤めのデザイナーであれば、企業に意向にそって仕事をしていかなくてはなりませんし、さらに厳しい納期もあるからです。

しかし、だからといって、フリーになった場合は自由にできるかというとそのようなことはありません。

フリーになった場合、企業と契約するなどして仕事をしますから、そこには企業の意向等があり、何もかも自分の思う通りにできるものではありません。

自分の思うとおりに衣服を制作することができて、それをお客さまに喜んでもらえたら…というのはファッションデザイナーが一度は夢見ることでしょう。

さらに、そのデザインが多くの人に受け入れられて、大成功する可能性も大いにあるのでなおさらです。

しかし、現実には依頼主である企業が求めるものをしっかりと把握し、それに合ったデザインを仕上げていくことが求められます。

ブランドを持つとデザイン以外の仕事が増える

さらに、独立して自分のブランドを立ち上げたとしても、何もかも自分の思う通りになるわけではありません。

衣服を作るということはファッションデザイナー以外にパタンナーなどの衣服を作るためのさまざまなスタッフがいて成り立っているからです。

作った衣服は売って収益を生み出さなくては、ブランドとして成り立ちません。

また、衣服は作れば勝手に売れるというものではありません。

多くの人に買ってもらうためには宣伝や営業を行わなくてはいけないのです。

企業で分業化されているとなかなか全体が把握しづらいところがありますが、衣服を作るということは単純にデザインするということだけではないのです。

そして独立するということは、そうした衣服をデザインしてから販売するまでの作業の自分で行わなくてはならないということです。

スタッフを使った場合は、そのスタッフの給与を出すため収益をあげなくてはならず、またスタッフとのコミュニケーションや管理も行わなくてはならないのです。

何よりスキルが大事

ファッションデザイナーに何より必要なのは、センスはもちろんですが、スキルです。

経験値が何よりもファッションデザイナーには必要です。

現在日本で成功しているデザイナーに話を聞くと、週に1000以上のスタイル画を描かされたといったように、非常に厳しい修行の上でスキルを積んでいます。

独立には資金なども必要ですが、スキルを積むことも必要なことです。

そして、独立にはさまざまな条件が揃って初めて叶うものなのです。

その先にあるものが輝いているからこそ、多くの人は独立をめざして努力できるのです。

仲間と一緒に独立することも

ファッションデザイナーが独立する際には、企業で一緒に働いていたデザイナーやパタンナーの仲間を引き連れて独立したり、学生時代の仲間と一緒に独立したりすることも珍しくありません。

とくに学生時代の仲間というのは強固な絆で結ばれていることも多く、「いずれは一緒にブランドを立ち上げよう」と若い頃から約束をして一緒に努力をすることもあります。

服飾系の専門学校の場合、コンテストや学園祭に向けてチームで衣服を作る機会も多いので、このような信頼関係を築きやすいということもあるのでしょう。

独立する上で注意しなければいけないのは、それまで勤めていた企業がある場合、いかにして円満に退社するかです。

ファッション業界は狭い業界なので、トラブルになったまま退社すると、思いがけないところで悪評が広まることもあります。

自分の夢を追う気持ちは大切にしつつ、周囲の理解や応援を得られるまで粘り強く行動することも大切です。