独学でファッションデザイナーになれる?

有名デザイン―のほとんどは専門学校卒業

ファッションデザイナーの多くは、アパレルメーカーに就職したりブランドに就職したりして、技術と経験を身につけていきます。

その中で人の望む衣服を作り、時代にあったムーブメントを起こすような才能を開花させたファッションデザイナーは、独立して自分のブランドを持ったりフリーランスになったりしていきます。

あるいは、メーカーやブランドのデザイナーとして、ブランドやそのメーカーの意向やイメージに添ったデザインをするファッションデザイナーもいます。

こうしたさまざま仕事のスタイルがあるファッションデザイナーですが、共通しているのは大抵が専門学校に通った経験があるということです。

なぜ専門の学校なのか

専門の学校に通う必要がある理由は、ファッションデザイナーになるためには、センスだけでなく専門的な知識や技術が必要だからです。

もちろん、幼い頃から裁縫が好きで、自分でデザインを考えてはコツコツと作り続けてきたという人は、すでに基礎ができあがっているということもあります。

しかしそれだけに頼るのではなく、体系的にしっかりと基本の知識や技術を身につけておくことは、プロとしてやっていく上で非常に大切なことなのです。

専門学校では就職を見据えて実践的なスキルを学ぶことができますし、インターンシップや海外留学を後押ししてくれることもあるので、一人ではできない経験をすることができるでしょう。

また、専門学校に通うことで、同じ志をもつ仲間と刺激を与えあうことができたり、教官や先輩から指導を受けたりすることができるというメリットもあります。

ここで築き上げた人間関係がもとになって将来の仕事に繋がることもあるので、人脈を作るという意味でも専門学校は重要な役割を果たしています。

独学で勉強する方法

それでは、ファッションデザイナーになるためには必ず専門の学校に通わなくてはならないのか、独学でファッションデザイナーになることはできないのかというと決してそのようなことはありません。

世の中には独学でファッションデザイナーになった人や、自分独自のブランドを持っている人もいるのです。

プリントTシャツを好きでデザインするうちにそれが口コミで広がって、人気が出てブランドとして確立したというような話を聞いたことがあるでしょう。

また、専業主婦が「子どもが動きやすいように」と考えて手づくりした服や、「介護が楽になるように」と願いながら生み出した服というのは、自分自身の経験を踏まえて作られているだけに、どんなプロフェッショナルでも思いつかないようなアイディアや魅力が詰まっていることもあります。

こうした洋服が話題になり、一般の人向けに販売を始めることもあります。

専門学校に通わなくても、発想ややり方次第では独学でファッションデザイナーになることはできるのです。

個人で宣伝、販売ができる時代

さらに、独学で勉強してファッションデザイナーになった人が、そのまま個人で宣伝や販売をするということも不可能ではありません。

現代社会ではインターネットが発展したことによって、誰もが自由自在に情報発信をすることができる時代になっています。

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを使うことで、個人としても、自分のブランドとしても、洋服の制作状況や販売状況をお客さんに伝えることができるでしょう。

また、HPやアプリなどのサイトを使って通信販売を行うこともそれほど難しくはありません。

個人で勉強し、個人で制作し、個人で宣伝し、個人で販売をするということは大変なことではありますが、今の時代それができないわけではないということは知っておいて損はないでしょう。