ファッションデザイナーになるために勉強すること

被服の知識と技術を身につける

ファッションデザイナーとして仕事をする上では、まずは被服に関する専門的な知識と技術を身につける必要があります。

幼い頃から裁縫をやっていた、趣味でミシンを使っている、というような人であっても、やはりプロフェッショナルとしてやっていくためには相当な量の勉強をしたほうがよいでしょう。

最もオーソドックスな勉強の方法としては、ファッションデザイナーになるための専門学校に通うことです。

学科はデザイン、縫製、ドレーピング、パターンメーキングなど特化されていることが多く、めざす職種に合わせた勉強ができます。

授業内容は実践的な内容のものが多いのが特徴です。

学校によってはコンテストへの参加やインターンシップなど、学生時代に幅広い経験ができるようにプログラムを組んでいることもあります。

芸術的なセンスを磨く

デザイナーになるからには知識や技術だけではなく、芸術的なセンスも重要です。

センスを磨くことは決して簡単なことではありませんが、偉大なデザイナーの作品を片っぱしから調べたり、映画や絵画を鑑賞したり、旅行に行ったりすることで、自分のセンスを磨くことができます。

人によっては、学生時代に海外に留学することもあるようです。

世界的に有名なファッションショー「パリコレクション」や「ミラノコレクション」を開催しているヨーロッパの都市に滞在し、日本では見ることのできないようなデザインを吸収することが将来的に大きな糧となることもあります。

世間の流行やニーズを知る

もうひとつ、デザイナーとして成功するためには、世間のニーズを敏感にキャッチする能力が求められます。

世の中のファッションの移り変わりを知り、最新の流行を追いかけながら、どんなものが受け入れられるのかを自分なりに分析できるようになるとよいでしょう。

こうした感覚は、学校の勉強だけではなく、ファッション雑誌を読み込んだりショッピングに出かけたりすることで、磨くことができます。