アイリストの面接

接客業としての基本を大切に

アイリストはお客さんと直接コミュニケーションを取りながら施術を行う職業なので、就職試験では、接客業への適性を見極めるための面接試験を受けるのが一般的です。

お客さんに対して気持ちの良い応対をすることができるかどうかという基本的なことが何よりも重視されるので、「笑顔で挨拶ができるか」「質問にハキハキと答えることができるか」「自分の言葉でわかりやすい説明ができるか」などがチェックされます。

また、アイリストは施術前のカウンセリングや施術中にお客さんと雑談をする時間があり、こういった機会にどれだけ仲良くなれるか、信頼関係を作れるかが、お客さんがリピーターになってくれるかどうかを左右することにつながります。

アイリストの面接ではこういった意味でも「親しみやすさ」や「好感度」を重視することがあるので、自分の人柄を十分にアピールすることも大切です。

清潔感のある身なりで

アイリストが働く場となるのは、多くの場合「美容サロン」です。

美容サロンはいうまでもなく、お客さんに「美」を提供する場所ですから、スタッフ自身もお客さんの憧れとなれるくらいに美しくしていることが求められます。

流行や季節感を大切にしたファッション、清潔感のある髪型やメイク、好感度の高いネイルなど、身なりには十分気を遣うことが大切です。

アイリストの面接ではこういった点も考慮して、服装やヘアメイクをしっかりと整えて臨むようにしましょう。

もちろん、就職試験である以上、過度なオシャレは逆効果になってしまいますが、「清潔感があるな」「センスが良いな」と思わせるくらいの努力は怠らないほうがよいでしょう。

仕事体験談