中卒、高卒からアイリストになるには

美容師免許の取得を目指す

アイリストとして働くには、必ず「美容師免許」を取得しなくてはなりません。

アイリストの施術では人の肌に触れ、特殊な薬剤や器具なども使用することから、確かな知識と技術を備えて、衛生面や安全面にも十分に注意できるだけのスキルを身につける必要があるのです。

しかし、美容師免許は誰もが簡単に取れるものではなく、厚生労働大臣の認可を受けている学校で一定期間以上学び、まずは美容師国家試験の受験資格を得る必要があります。

そして、国家試験に合格することで、ようやく美容師免許を取得することができます。

→→美容師になるには

中卒でも通える美容学校もある

美容師を養成するための専門学校は全国にたくさんありますが、そこに通う人の多くは高校を卒業したばかりの人となっています。

しかし、美容師免許を取得するうえで年齢の制限はなく、なかには中卒であっても学べる学校があります。

その代表的なものとなるのが、美容師国家試験の受験資格を得ながら、高等学校卒業と同等の資格も取得できる「高等専修学校」といった種類の学校です。

在学期間は2年から3年となっており、高等課程の認可を受けている美容学校であれば、一般の高校で勉強する教科もカリキュラムに含まれています。

高等学校卒業程度認定試験への合格を目指す

上記のように、美容師免許取得を目指すうえで中卒でも入学できる学校はありますが、全体として見ると、「高卒以上」の学歴であることを入学条件とする専門学校が多いのも事実です。

もし中卒の人が学校選びの選択肢を増やしたいのであれば、「高等学校卒業程度認定試験」に合格することで、高校卒業と同等以上の力があると認められ、美容学校への入学資格を得ることができます。

そのほか、通信課程では中卒者を受け入れるケースも多くあるようです。

就職に学歴は関係ある?

アイリストとしての代表的な就職先は、美容室やエステサロン、アイラッシュサロンとなりますが、それらの場において学歴はほとんど問われません。

美容師免許を取得していれば問題なく応募できることが多く、年齢もあまり問われないようです。

アイリストや美容師の世界では、学歴よりも経験やスキルが重視される傾向にあり、新卒や実務未経験者は「アシスタント」からスタートするのが一般的です。

中卒、高卒でも定められた学校できちんと学び、美容師免許取得に向けて努力すれば、その先にアイリストとしてデビューすることは十分に可能です。

仕事体験談