派遣のアイリスト

派遣のアイリストとは

アイリストは美容室のほか、エステサロンや、目元のケアに特化したアイラッシュサロンを中心に働いています。

そこでは正社員として就職し、店に雇われて働く人がいる一方、アルバイト・パート、あるいは派遣社員として働く人もいます。

派遣社員であれば、正社員に比べて勤務時間や勤務日数などの点で自由度が高かったり、一定の期間だけ働いて、別の職場に移るといったこともしやすくなります。

そのため、あえて派遣という働き方を選び、スキルアップに務めたり、自分に合う職場探しに取り組んでいるアイリストもいるようです。

派遣のアイリストとして働くには

もし派遣のアイリストとして働きたいのであれば、美容業界専門の派遣会社にスタッフ登録をするとよいでしょう。

最近ではアイリストのほか、美容師、エステティシャン、メイクアップアーティストといった美容関連の専門スキルを持つ人を抱え、それらの人材を求めるサロンなどへ派遣するマッチングサービスを手掛ける派遣会社が増えています。

派遣での勤務希望者は、そうした会社にスタッフ登録をしておけば、希望の条件に見合う仕事が発生した場合に仕事を紹介してもらうことができます。

即戦力になれる人が求められる

気を付けておきたいのは、派遣の場合、より「即戦力」になれる人が求められる傾向が強い点です。

アイリスト自体、経験を積んでいくうちに技術が磨かれる専門職といえますが、派遣を求めているサロン側は、現在進行形で人手不足であったり、店のイメージ向上のために高い技術力を持つアイリストを求めているケースが多いです。

そのため、時間をかけて人を育てるというよりも、すぐに第一線でバリバリ活躍してくれる人が重宝されます。

アイリストとして「美容師免許」が必須であることはもちろん、サロンワーク経験がある人や、アイリストのスクール出身者であると、仕事を紹介してもらいやすくなるでしょう。

仕事体験談