イベントプランナーの役割

イベントの企画・立案をする

イベントプランナーは、主に広告代理店やイベント企画会社に所属し、スポーツ、ファッション、舞台、ウエディングなど、多様な分野におけるイベントの企画・立案をする仕事です。

広告代理店やイベント企画会社は一般的に、クライアントとなるメーカーなどの企業から依頼を受け、企画を考えていきます。

どのようなイベントであっても、それらは普通、ある目的の下に実施されます。

たとえば、メーカーから依頼を受けたイベントであれば、「新商品の発売にともなうPRイベント」だったり、「ブランドのイメージ向上を図るためのイベント」だったりします。

そのほか、夢や感動を与えるエンターテインメントの一貫としてのイベントもあります。

「若者向け」あるいは「ファミリー向け」など、イベントのターゲットがハッキリとしている場合には、その人たちに集まってもらえるイベントを企画しなければなりません。

イベントプランナーは、このようなイベントの目的をしっかりと把握したうえで、目的達成のために最も効果的かつ魅力的なアイデアを出しながら、企画を立て、イベントを作り上げていきます。

世の中のニーズを掴む力、独創的なアイデアを生み出せる感性やセンス、マーケティングやPRに関する知識など、多様なスキルが求められる仕事です。

大勢のスタッフと協力して働く

イベントプランナーの仕事の特徴は、「自分一人だけでは完結しない」というところにあります。

どのようなイベントも、一人のプランナーだけで運営できるものではありません。音響、照明、撮影、美術、デザインなど、各分野のプロフェッショナルが集結し、一つのイベントを作り上げていくのです。

国内外から大勢の人が集まるような大規模なイベントであれば、そこに関わるスタッフの数も非常に多くなります。

イベントプランナーはまた、イベントプロデューサーの役割を兼任することもよくあります。

ただ企画を立ち上げるのみならず、予算の管理やスタッフの人選、スケジュール調整、関係各所への連絡やゲストの手配など、幅広く仕事をこなしながら、イベントの成功に向けて走り回ります。