イベントコンパニオンの仕事内容

イベントの表舞台に立つ仕事

イベントコンパニオンとは、展示会やさまざまな会場で開催されるイベント、新商品発表会などにおいて、商品の紹介や説明を行う女性ならではの仕事です。

多くの人々の注目を集め、商品をより良く見せるため、露出度が高くボディラインを強調したコスチュームが用意されることがほとんどです。

そのためイベントコンパニオンにはモデル並みの容姿が求められ、事務職などと比べると数段時給が高いのが特長です。

一般的なイベントコンパニオンは、

・商品を手に持ったり展示品の横に立ってポーズをとったりしながら来場者にアピールする
・商品の説明を行う
・カタログを配布する

などが主な業務となります。

これに対し、ステージ上などで司会進行を務めるMCコンパニオン、マイクで商品の説明などを行うナレーターコンパニオンといった特殊な技能を必要とする職務もあります。

ナレーターコンパニオンとは

雇用形態と働く場所

ほとんどのイベントコンパニオンは人材派遣会社やイベントプロダクションに登録し、イベントが開催される日だけ会場に派遣されます。

大きなイベントで就業希望者が多数いる場合、書類選考やオーディションが開催されることも多々あり、合格しなければ仕事を請けることができません。

派遣先の会場は「東京モーターショー」に代表される大イベントを行う東京国際展示場をはじめ、野外の特設イベント会場、スポンサー企業の会議室などで行われる新商品発表会まで、その規模はさまざまです。

仕事の流れ

書類選考やオーディション後、合格者のみにオリエンテーションが行われたり、詳しい仕事内容の資料が渡されたりします。

イベント開催日までに自分がやるべき仕事をしっかり把握しなければならず、場合によっては事前にリハーサルを行うこともあるため、開催日前から仕事がスタートするといってもいいでしょう。

当日は会場の控え室で着替えや準備を済ませてから仕事を開始。立ちっぱなしが多いこともあり、こまめに休憩を取りながら業務を行います。