イベントコンパニオンの生活

勤務がない日も忙しい

イベントや展示会は常に開催されているわけではなく、日本でもっとも有名な展示会のひとつである「東京モーターショー」でさえ、トータル12日間の日程です。

また小規模なイベントは土日のみの開催というものも多く、1つの催し物ごとに単発で仕事を請けるイベントコンパニオンにとっては、会社員のように安定的に週5日勤務するというような体制は難しいでしょう。

しかし、勤務がない日でも次のイベントのオーディションを受けたり、大規模な展示会には開催前にリハーサル日があったりと、仕事に関連したさまざまな業務が行われています。

所属事務所によっては歩き方や立ち方のレッスン、接客やナレーションの研修を行うこともあり、勤務のない日はスキル磨きにも使われているのです。

催し物によって勤務時間はまちまち

東京モーターショーを例に挙げると、開催時間は日によって若干異なるものの、もっとも多いのは10時から20時というパターンです。

またブースや業務内容によって異なりますが、1時間ごとに10分〜30分の休憩を取ることが多く、待遇がいいケースだと30分の勤務と1時間の休憩を繰り返すこともあります。

事務職などと比べると圧倒的に休憩が多く楽なように感じますが、表舞台では立ちっぱなしで、常に注目されているため気を抜くことはおろか笑顔を絶やすこともできないため、妥当な休憩時間だといえるでしょう。

さらに、大規模な展示会場は郊外にあることが多く、都心などに住むイベントコンパニオンにとっては通勤時間がかかることもネックになります。

自宅を出発してから帰宅するまでが15時間などということも珍しくありません。

逆にレセプションや新商品発表会などの場合、勤務時間が2〜4時間程度ということもあります。当然、日給は1日拘束の仕事と比較すると低めになります。

拘束時間が長いと体がきつく、短いと思うように稼げないというのがイベントコンパニオンの悩みの種だといえるでしょう。