ナレーターコンパニオンとは

イベントコンパニオンとナレーターコンパニオンの違い

イベントコンパニオンと同様に、展示会をはじめさまざまな会場で開催される「イベント」「新商品発表会」「レセプション」などにキャスティングされるのがナレーターコンパニオンです。

一般的なイベントコンパニオンは

・ポーズをとって商品や展示品、サービスなどをPRする
・来場者に商品の説明を行う
・パンフレットやサンプルを配布する

ことなどを主な業務としています。

これに対し、マイクを使って商品やサービスの説明などを行うのがナレーターコンパニオン。

美貌や均整のとれたプロポーション、爽やかな笑顔や接客技術といったイベントコンパニオンに必要な素質、スキルに加え、ナレーションの技術も求められる難しい職種であるといえます。

そのため時給や日給はイベントコンパニオンより高く、休憩時間が長いなど待遇もいいことが多いようです。

ナレーションに加えてアナウンスの技術も習得し、ステージ上などで司会進行を務めるMCコンパニオンにスキルアップする人も多く、その場合はさらに給料や待遇が良くなります。

ナレーターコンパニオンになるには

ナレーターコンパニオンの求人ではイベントコンパニオンとしての経験を積んでいることが採用条件に挙げられることがほとんどであるため、イベントコンパニオンからキャリアアップした職種だと考えていいでしょう。

大規模な展示会や有名イベントで活躍するナレーターコンパニオンになるには、ナレーターの養成コースがある学校やそれに準ずるスクールでナレーションのスキルを習得することが必要です。

事務所によっては先輩ナレーターコンパニオンが講師となって希望者にレクチャーする研修が行われるところもあり、有望な人材は無料で研修が受けられるシステムも見られます。

しかし、こうした学校や研修で学んでも、もともと持っている素質による影響が大きいのが現状です。

滑舌の良さ、標準語のアクセント、暗記力、舞台度胸、表現力などを総合したスキルが円満に備わっていなければ一流のナレーターコンパニオンにはなることは難しいでしょう。