エステテティックの歴史

エステティックの歴史

日本でよく聞かれる「エステ」とは、「エステティック(esthetic(米)あるいはaesthetic(英)、esthetique(仏)」を略した言葉です。

エステティックは、西洋では「美学」や「美意識」を意味しており、「美しいものとは何か?」「美しさの本質は何か?」といったことを追求していくのが、本来の意味の「エステティック」です。

西洋では、古代ギリシャ時代から美の追求のためにさまざまな研究が進められてきたようですが、日本におけるエステティックの歴史は海外のそれと比べると浅く、はじまりは20世紀初頭とされています。

その後、西洋の技術を日本に取り入れながら日本エステティック協会などの団体も設立され、日本のエステティック業界はこれまで大きな発展を遂げてきました。

美の定義は時代とともに変わるものですが、人々の「美しくありたい」という気持ちは、どの時代に生きていても変わることはありません。

そういった中、ただ美容器具や化粧品などを使って皮膚や肌の外側の美しさを目指すだけではなく、ゆったりとした空間の演出を通して心にも満足を与えるなど、あらゆる角度から美を追求していくことがエステティックです。

エステティシャンは和製英語

アメリカにおいて日本語の「エステサロン」に相応する場所は、一般的に「spa」「esthetic clinic」「beauty salon」などと呼ばれます。

つまり、全身美容の施術を行う日本語の「エステサロン」は和製英語となるため、そのまま英語で話しても伝わりにくいでしょう。

同時に、日本のエステサロンで働く人を意味する「エステティシャン」も和製英語であり、英語では「beauty treatment technician」などと呼ばれます。

仕事体験談