認定エステティシャンとは

エステティシャンを目指していたり、エステの仕事をしていると、しばしば「認定エステティシャン」という言葉を耳にするようになります。

認定エステティシャンとは、「日本エステティック協会」や「日本エステティック業協会」などが実施する統一試験に合格することで与えられる資格名のことを指します。

ここでは、日本国内で有名な2つの協会が認定する認定エステティシャンについて紹介します。

日本エステティック協会の認定エステティシャン

日本エステティック協会では以下の3種の資格を認定エステティシャンとして定め、これらいずれかを有する人のことを総合的に「認定エステティシャン」と呼ぶことが多いです。

・認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)
・認定エステティシャン
・認定フェイシャルエステティシャン、認定ボディエステティシャン

上記の資格のうち、最も難易度が高いものは「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」です。

同資格を取得すると「社会的、指導的立場を担うエステティシャン」として、エステ業界を牽引する役割が期待されます。

次に難易度が高い「認定エステティシャン」は、エステティック業界の中核を担う存在であることを示します。この資格を持っていると、採用の際に優遇されることもあるようです。

一方「認定フェイシャルエステティシャン」と「認定ボディエステティシャン」は、フェイシャルやボディの基礎技術を有することを示すものです。

特別な受験資格が定められていないため、まずはこの資格から挑戦するという人もいます。

日本エステティック協会 認定エステティシャン

日本エステティック業協会の認定エステティシャン

日本エステティック業協会では、以下の3種の資格を認定エステティシャンとして定めています。

・AEA認定エステティシャン
・AEA上級認定エステティシャン
・AEA認定インターナショナルエステティシャン

このうち、基礎レベルとなるのが「AEA認定エステティシャン」です。同資格を得ると、エステティシャンとして必要な基本的な技術と知識を保有し、接客マナーを身につけたエステティシャンとして認められます。

もう一段階上のレベルを目指す人向けには「AEA上級認定エステティシャン」があります。

そして、これらのうち最上位資格となるのが「AEA認定インターナショナルエステティシャン」で、グローバルに通用するエステティシャンを目指す人が受験しています。

また、資格取得後に一定の条件を満たすことでAEA認定講師になることができ、エステ会社やスクール等で後進の指導などにも当たることが可能です。

認定エステティシャンになるべき?

認定エステティシャンでなければ仕事ができないわけではありません。

しかし、日本ではエステティシャンの国家資格が確立していないため、認定エステティシャンであることはエステティシャンとして一定のレベルに達していることを示す一つの指針となります。

認定エステティシャンになることで、より好条件の職場に就・転職できたり、独立開業した際にお客さまからの信頼を集めやすくなるでしょう。

日本エステティック業協会 AEA認定エステティシャン養成制度

仕事体験談