エステティシャンの面接、服装

エステティシャンの面接とは

エステティシャンとして、エステサロンなどで働きたい場合、必ず面接が行われることになるでしょう。

エステティシャンはお客さまと直に接し、コミュニケーションをとりながら施術を行います。

そのため、面接では人柄や熱意が強く問われると考えておいたほうがよいでしょう。

大手エステサロンの場合、一度にたくさんの志望者が集まることから、面接はグループで行われることもあります。

とくに新卒や未経験者の場合、現時点での知識や技術はほとんどアピール材料にはならないため、志望動機や自己PRで差をつけていくしかありません。

面接で合否がほとんど決まるといっても過言ではないため、しっかりと準備をして面接に臨む必要があります。

注意したいこと

エステティシャンは接客業の一種であるため、面接でも、まずは明るく、元気でいるように心がけたいものです。

緊張から顔がこわばってしまうかもしれませんが、できるだけ意識して笑顔を出すようにしましょう。

また、面接官の質問にはハキハキと、明瞭な声で答えるとよいでしょう。

エステティシャンの面接では、「実際にエステの施術を受けたことがあるか」「当店の施術についてどう思うか」といったことを聞かれることがあるようです。

嘘をつくことはよくありませんが、こうした質問にも前向きに答えられるよう、できるだけ事前に下調べしておくことが大切です。

服装のポイント

エステティシャンだからといって、面接に派手な服装で臨むのは避けたほうがよいでしょう。

とくに指定がない場合、スーツを着用するほうがよいといわれています。

色は黒に限らず、グレーやベージュなど、自分の顔色を最もよく見せられるものを選ぶとよいでしょう。

エステティシャンは毎日さまざまなお客さまと接することから、どのような人に対しても好印象を与えられるような人が好まれます。

あまりに派手過ぎたり、逆に野暮った過ぎることのないよう、第三者にもアドバイスをもらいながら身だしなみを整えるとよいでしょう。

仕事体験談